<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
飾花の会 栗崎昇先生に学んだ一期一会

今年最後の飾花の会に行ってきました。場所は廣誠院。ここに来るのはもう何度目になるだろうか。

かつてここは長く手付かずの廃屋に近い状態のところを栗崎先生はじめ飾花の会が使うようになりみるみる息を吹き返したお屋敷。

飾花の会に入って5年は経つだろうか。僕にとっては後にも先にもこれほどの授業はない、栗崎昇先生の感性、表現、心遣い、ユーモアを凝縮して学べる時間。茶道でも華道でも本質の部分において本来教科書もなければ口伝もない。師匠が見せ弟子が感じ取れるかどうかだけだと思う。この会に出会えたことに僕は本当に感謝してもしきれない。そんな思いで門をくぐって中に入った。

ウメモドキにガマズミの残り花。花が散り実になる、花も美しいけど実も美しい。いつか実も散り新しい芽が出ると言わんばかりの先生からのメッセージ。そしてお庭に目をやると

紅葉を待つ庭には花もない。あえてそこに菊玉をあしらってある。遠くにある菊玉。去りゆく九月の名残咲。和の中に置かれた洋のブロンズとギリシャ彫刻がまさにとらわれない栗崎昇先生の感性。

何度も見ているこの庭に、何度も見ている菊玉。だけど初めて。まさにこれぞ一期一会。今日やっと先生が教えてくれていたことがわかった気がした。そしてとこに目をやると

トカゲにカエルに蛇が柘榴の下で達磨に睨まれ固まっている様子は実に滑稽。なんの流派でもない栗崎先生の遊び。それでもどことなく美しい。

脇どこには

先生の好きなアダムとイブのようなブロンズ。そこにあるのは辛夷の実。秋は実りの季節。紅葉で表現したりもするけど、実で表現するのが栗崎先生流。花と実を活けることでときの移り変わりに気が付かせてくれる。

いろんな会話をさせてくれる設え。先生と会話をしているかのような気になって、奥のお茶室に行くと

大綱和尚の『一人在日下』なんとも正に人生はやっぱり一人なんです。どんなに悩んでも、どんなに喜んでも人生は一人なんです。その足元に稲束の一重切に吹上菊一輪。秋の表千家の設え。名残の秋です。浜菊を吹上菊というのは表千家は江岑宗左以来、紀州徳川家の茶頭であり、吹上は紀州の地名に由来するとのこと。ちなみに裏千家は加賀藩前田家であり、武者小路千家は高松藩松平家。

栗崎先生の設えは自由の中にもちゃんと表千家が入っている。そこに表現力の違いがある気がする。ただ何もなく自由にするのとは全く違う。数寄者は守破離があってはじめて数寄者なのだと思います。この菊は栗崎先生自身を写しているように思いました。

奥の間にはヤマシャクヤク。と花寄せ屏風。

野竹

松村草

群千鳥と桔梗

あえて少なめの花屏風。秋ですから。

しっかり今日のレッスンを楽しんだあとはたん熊の栗栖さんのお計らいで日曜はお休みの嘯月に特別注文。

本日は栗蒸し羊羹。お抹茶と一緒に頂け本当に有り難ひととき。

飾花の会は、本当に多くの素晴らしい方々が栗崎先生を支え共鳴し創り上げてみえた事に敬服と感謝の心でいっぱいです。

次の世代として本当に素晴らしいものを残して頂いたように思います。

会の後に寄り道した古田織部美術館で

細川護煕さんが話された『後世に残せるものは文化のみ』という言葉が今日の一日を正に言い得て妙。

 

 

 

ミラノレポート

今日はミラノの街をゆっくりチェック。

9月のミラノはとっても気候がよくて過ごしやすいです。早速サンバビラからモンテナポリオーネ、スピーガ通り界隈をチェック。

ミラノはなんと言ってもこのファッションエリアが一番刺激的。アルマーニ、プラダ、ディオール、エルメス、などなど世界のトップブランドが軒を並べます。このエリアに出店できることはまさにトップブランドの仲間入り。ファッションの街ミラノたる所以は個々にあると言えます。

とってもきれいなドゥオモを見ながらウィンドーショッピング。

一つ一つのこだわりとユーモアがとっても美しいです。ミラノをゆっくり歩けるのは今日一日なので、しっかり見てきます。

テロ依頼すごい行列と警備のドゥオモ。ビジターで中に入ろうとすると1時間待ちとかになるので、僕はいつもお祈りする方のドゥオモ正面に向かって左側の入り口から入ります。カバンのチェックはあるもののすぐに入れます。以前は気軽にふらっと入って心も体も休憩できたのに何だか時代がどっちに向かっているのか考えさせられます。

さて心も落ち着いたところでミラネーゼのファッションチェック。

早速目に飛び込んできたオバアちゃま。かっこよすぎです。いくつになってもこよなくファッションをいや人生を楽しんでいる感じがします。こんなふうに生きたいとお手本にしたくなりますね。

若い人だって負けてません。ロングスカートにスニーカースタイル。何とも色の遊び方がスタイルにピッタリ。

やっぱり靴は素足ですね!!おしゃれをまさに楽しんでいます。スカーフの長さがまたいいですね。

なんか評論家のようなファッションチェックですが、流行とかよりもとにかく楽しく、美しく。感性を磨くのにカラーコディネートだとかもいいですが、その人となりが一番大事ですね。音楽を聞いたり芸術鑑賞したりとにかく自分に刺激を与えることがいちばん大切なのではないかなと思います。

おしゃれは人だけでないのがミラノ。アニオナ電車を発見。路面電車もただの広告じゃなく美しい。これが街を美しくするのですね。電話番号や住所を書く日本の広告とは全く違いますね。

夜はミラノのごちそうYoshi夫妻とのお食事です。僕にいろんなことを教えてくれるYoshiさんとのお食事は本当に楽しいです。

異国の地にほっとできる時間と場所ほど有り難いものはないように思います。

秋冬の商品の仕上げでお忙しい中ありがとうございました。お茶の話から瞑想、ファッションと本当にいろいろなお話を楽しみました。一日があっという間です。明日はレンタカーで郊外に出ます!!

 

 

ミラノレポート▲肇好ーナ編

朝5時にホテルを出発して電車でペルージャに向かいます。

中央駅に着いてまずはカフェで腹ごしらえ。ミラノの中央駅はとっても立派。さすがムッソリーニですね。

フレッチェロッサに乗ってさらにローカル線で合わせて4時間。ペルージャに到着。ここはあのブルネロクチネリの本社がある街なのです。お洋服のブランドは星の数ほどあるし、どんどん新しいものが出てきますが、こだわりが哲学にまでなっているブランドは数えるくらいしかありません。クチネリはそんな数少ないブランドの一つだと思います。

本社に来るといろんなことが見えてきます。クチネリはスタッフもなんだか家族のようで、お店に来たというよりお家に来たかのような感じです。リゾラも目指す方向性は一緒!!商品の丁寧さもここからきているのだと思います。まさに哲学!!

そんなクチネリを生んだペルージャの街も散策してきました。

とってもいいお天気で、風がすごく気持ちがいいペルージャ。ここはローマ時代以前から栄えたエトルリアの都市のひとつ。2500年近く前からある都市と聞くだけで感動します。長きにわたって戦争と平和を繰り返してきたこの町のはずれにクチネリが生まれたのです。流行に流されないクチネリの考えはこの町とどこか似ている気がします。静かな落ち着きの中にある美しさ。

ペルージャでお昼を食べるならマンジャベーネ!!

もちろんタルトゥッフォのパスタ!!最高です!!

ペルージャでのんびりしすぎてしまい急いでフィレンツェに向かいました。

フィレンツェの滞在時間は1時間。電車を降りたら駆け足で目的の紅茶屋さんに向かいました。横目で夕陽に照らされたサンタマリアデルフィオーレ大聖堂を見て感動!!

目的のお茶屋さんでとにかく急いでお買い物。ここのニンナーナというお茶は僕の大好物。

時計とにらめっこしながら駅にとんぼ返り。無事1時間の滞在時間を有意義に使えました。

帰りはフレッチェロッサ1000!!いつも乗っているフレッチェロッサの新型です。帰りは奮発してエグゼクティブクラス。1車輛を10席で占有まさにファーストクラス。

もちろんバトラー付きのお食事つき。それでも半分以上は寝ちゃっていました。

何だか長い一日目を無事終了。明日はミラノのファッションチェックです。

 

 

ミラノレポート

今シーズンもこの季節がやってまいりました。今回はペルージャ、フィレンツェ、ミラノ、パリ、ロンドンとちょっと移動の多いスケジュールですがいっぱい刺激を受けてきたいと思っております。

パリ経由でミラノに到着。そこで早速スーツケースが破損。もう何回か経験しているので処理も慣れたものです。すぐにバッゲージカウンターで自己報告書を作ってもらいファイル番号をゲット。

ちょっと遅くなりましたが、ミラノに到着。今回は久しぶりにHotel Dei Cavalieriのお気に入りのペントハウス。

さすがに、疲れたけどお腹が空いたのでDa Brunoでリゾットアラミラネーゼにカプレーゼ!!

明日からしっかりヨーロッパを堪能してきます。乞うご期待!!

中日新聞全国花火大会!!

台風で延期になっていた中日新聞全国花火大会が改めて長良川河畔で開催されました。

長良川の堤防に1週間前から場所取りをして準備。スタッフやスタッフ家族と一緒に観覧しました。

小さい頃は親に手を引かれてよく行った花火大会に今は子供とスタッフを連れて行くというだけでも嬉しくなります。

その親たちは花火の見えるレストランの涼しいところで見ています。

場所取りでもいろいろ試行錯誤です。場所選びも、通行人で視界をふさがれないか、邪魔になる木々はないか、トイレは近いかなどなど慎重に選びます。次にガムテープで田中と書いて場所取りします。しかし田中だけでは剥がして占拠されたので、それ以降

ガムテープで田中組と書いて場所取りをするようにしています。こうすることで剥がされるリスクが結構減ります(笑)

スタッフと家族、そして偶然ご来店頂いたお客様家族も一緒にお誘いしてみんなで花火鑑賞です。

スタッフのみならずその家族、お客様家族もみんないっしょにみれるな一緒にみると楽しさも倍増です。ちょうど満月ということもありとっても幻想的な花火大会になりました。おにぎりを食べて、冷凍ミカンを食べてワイワイ、キャーキャーなんだか昭和です。

花火が上がるたびに体に響いてくる音がとっても気持ちがよかったです。

風物詩を楽しむのはやっぱり気持ちがいいですね。あ〜もう今年の夏も終わりですね〜!!

味覚の秋を楽しまねば!!