<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ペルージャレポート

朝一番にフィレンツェから電車で2時間。ペルージャにあるブルネロクチネリの本社に行ってきました。日本よりも一足早くミモザの黄色が光っています。山も新芽の緑が全体を明るくしてくれています。お天気もよく暑いくらい。

ブルネロクチネリが築き上げたこの村は至る所に緑があり、スタッフがとても家族的で親しみやすくとても居心地がいい空間。正に心のある会社というかファミリー。そんな人たちが提案するお洋服。

なんて美しいのでしょう。ファッションだけではない温かさ。最近は大手資本に買収されてしまうブランドが多く、フィロソフィー(思想)よりストラテジー(戦略)に引っ張られてしまっているブランドがほとんど。なぜ僕がわざわざこんな不便な本社周りをするのかというと、ストラテジーに染まっていないフィロソフィーを感じる為。本社に行くとその会社が何を大切にしているのかが本当によくわかる。それを共感できるところはとても居心地がいいのです。クチネリは決して金額は安くないけど、それだけの素材と手間そして想いがあるから安売りはしない。それが素晴らしい。リゾラもそういう心のこもったお洋服を丁寧にお客様に伝え、共感してもらえるように日々努力をしていかねばと感じました。

クッチネリを後にし、お昼ご飯とちょっと観光をかねてアッシジに。予約をしていたお店はまさかの閉店中。通りで返事がなかったのかと納得。それでも旅慣れた真実さんはすぐに美味しいお店をかぎ分けて飛び込んじゃいます!!

これまたとっても美味しいお店!!イタリアに来たーって感じの家族的レストラン。ウンブリアに来たらやっぱりタルトゥッフォ!!食事をしたあとはサンフランチェスコ教会。

9月に来たときはすごい行列になっていたのに今日は並ぶこともなく入れました。

この素晴らしい教会を見せてあげたいと思っていた僕と一度行ってみたいと思っていた真実さん。そういう人が集まると来れるんです。来ちゃうんです。念づれば通ず!!

しっかり遊んだあとは、また車で30分ほど南に行ったフォリーニョとトレビの間にあるクルチアーニの本社に。

もともとニット屋さんから始まったようで、お洋服の自社ブランドやワイン、ホームリネンなどを作るイタリアによくありそうな勝ち組会社(笑)一度見てみたいと思っていたところ。

ここはクチネリとは対照的で、ちょっとリゾラとは違うかな。ブランド探しはこういうハズレの積み重ねの上に成り立っているんです!!まさに連戦連敗。ミラノのクルチアーニのお店はとってもかっこいいんですけどね。

余りにスムーズにスケジュールがこなせたのと、当てが外れたおかげで2時間の空き時間。すかさず電車に飛び乗りペルージャへ。

ローマより古いエトルリア文明の街をみんなに見せることができました。そしてお気に入りのタルトゥッフォのお店にも!!

何と充実した一日になったのでしょう。

こうしてまた電車にゆられてフィレンツェに無事帰着!!夕食を済ませたらもう22時でした。

それで終わらないのが僕!!

夜の方がウィンドーは綺麗に撮れるのでウィンドーチェックに街をお散歩。

グッチ、フェラガモ、フェンディなどなど、さすがミラノに負けないファッションの街フィレンツェ!!

 

 

 

 

ヨーロッパレポート

今回は大分のブティックなかしまチームと一緒にヨーロッパ出張です。いっぱい楽しくお勉強させてもらってきます!!いざペルージャ、フィレンツェ、ミラノ、パリです。

16時間の長旅の末、フィレンツェのホテル・サンタ・マリア・ノヴェッラに無事到着。結構温かくてうれしいです。

サンタマリアフィオーリも出迎えてくれています。

明日からブログお楽しみに!!

お花初稽古

今年初めてのお稽古に東京へ行ってきました。毎月のお稽古ですが1月と8月はお休みの為2か月ぶりのお稽古です。

渋谷についてタクシーに乗ると410円の初乗り料金。さすが東京は安いな〜と思ったらいつも800円くらいのところが900円と結局値上げしていたようです。さすが公共交通機関(笑)

教室のある故平田暁夫さんのアトリエに到着。扉を開けると帰ってきた〜という変な感じに。

奥に行くと元気な栗崎先生の声が出迎えてくれました。日常から離れられるひと時です。

アールヌーボーの花器に入れられた鱶(ふか)の花。葉っぱを取ってあるのでお花屋さんで見つけても気づかないかもしれないですね。年初めのお稽古なので毎年恒例のおみくじ入りお菓子。金沢のお菓子らしいですが中に入っているお告げが面白い。今年の僕のお告げは『神様が守る』!!おおありがたやありがたや。

みんな集まり最後のお一人が近くにいるのだけれど駐車場が見つからなくてと連絡が入った際、『最近この辺りはどんどん駐車場がなくなっていて大変なんです』それを聞いた僕は『うちの周りはどんどん駐車場が増えています。でも値段はやすくなりませんけど』と。こんなところでも東京一極集中だと感じられました。

そんなおしゃべりも一段落して、みんな揃ったところでお稽古開始。

春らしいお花。チューリップ(夜の帝王)もあります。レンギョウの黄色いお花も春らしい。冬を超えて芽吹いてきた感じです。

ここからは無心のひと時。

まずはコデマリをオアシスを隠します。土台を作ったらレンギョウの枝で線を選びます。そこに海老根蘭、菊、チューリップ。と色を入れていきました。できたのが、

先生のコメントが『優等生のお花』と・・・綺麗すぎてつまらない。なんと奥の深い美の世界。野にあるように美しくというのは本当に遠い道のりです。だから楽しい。

今日もしっかりお花と向き合い楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。年始のバタバタでブログの更新が遅れました。

2017年はどんな年にできるか楽しみです。新しい遊び場も作りたいです。

今年も皆様よろしくお願いいたします。

リゾラクリスマスパーティー2016 IN 岐阜都ホテル

1年も早いもので残すところわずかとなりました。今年も岐阜都ホテルでリゾラクリスマスパーティーをさせて頂きました。今年はリゾラ20周年でクリスマスパーティーも11回目。毎年いろんな企画を考えながら一年一年少しずつですが上手になってきているように思います。今までは前社長である母が全て決めていたのが、いろいろスタッフが考え決めることが出来てきてきたように思います。今回も『メーカー様とお客様に一年の感謝をする会』であることをスタッフと一緒に再確認。飾り付けやダンスも大切だけど、メーカー様お客様との写真や会話を楽しむようにと心がけることも話しました。まだまだ若いスタッフと一緒にいろいろ意見を出し合い決めて行くのは本当に楽しい。もちろんいくつも失敗もありましたが、こうやって一歩一歩進んで行くのだろうなと見える会でした。

今年も会場は岐阜都ホテル。いろいろホテルやレストランを転々としてきたけれどここ4年ほど続けて使わせてもらっています。おかげでホテルにもやりたいことが分かってもらえてきました。

まずはお食事。世界料理オリンピックで銀賞の日本代表チームの一員である長尾シェフによるお料理。

皆さんにもとっても好評頂きました。お料理も試食してシェフと意見交換しながら決めていきました。

今年はメキシコ風のダンスを2カ月ほど仕事の前にみんなで練習。衣装も作ったりとパーティーに来て頂けるお客様にしっかり楽しんで頂けるようみんなで考えてきました。やらされているというのから、やっているに変わって行く姿が見ていてよく感じました。ディズニーが言うスタッフがキャストになっていくってこういうことだなと思いました。

今年のゲストは6月にモントリオール国際音楽コンクールでグランプリを受賞したヴァイオリニストの辻彩奈さんとピアニストの碓井俊樹さん。去年もお二人に演奏して頂いたのでなんだかリゾラファミリーのようです。

余りの素晴らしい音色に皆さん大感激。こんな近くで聞けるなんてとっても幸せです。

お客様たちにも大喜びして頂けました。続いて劇団リゾラのショータイム!!

毎年いろんなことをさせられる劇団リゾラですが、最近はスタッフも仕事以上に張り切っています。

中でも一番張り切るのがやっぱり美也子さん。社長交代なんて全く考えてもいない前社長!!

結局マイクを取りだしちゃいました。

 

入口にもちょっとしたお遊びを用意。想像以上におもしろい写真になりました。

メーカー各社からご協力を頂き皆様のお楽しみ抽選会。みんなびっくりするような景品を協賛いただいて

スタッフもほしくなるくらい。

抽選会が終わるともう楽しい時間もあとわずか。

辻彩奈さんと碓井俊樹さんの生演奏で清この夜を合唱。

今年もメーカー様、お客様、そしてスタッフのおかげで無事一年お商売をさせて頂けました。心より感謝を申し上げます。

また来年も素晴らしい年に出来るよう頑張ります。シルク土ソレイユのダンサーのような化粧です。