<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
リゾラ旅俱楽部アドリア海クルーズ

成田空港、ヘルシンキ空港を乗り継ぎ無事ヴェニスマルコポーロ空港に到着。夕方18:30と時間通りに到着してまずは一安心。

と思ったところに早速ハプニング。美也子さんの小さい袋がロストバッゲージ。まあ大した物が入ってなかったようですが、

手続きだけでも30分。それでも何度も経験しているのは強い!!大きな荷物やお客様の物でなくて不幸中の幸いでした。

空港を出ると外はスコールのような雨。8人とその荷物がぴったり乗る車‼

ホテルに車で到着。ヴェニスは船でしか入っていけないところにホテルがあることが多く、雨などを考慮して今回は車で入れるエリアのホテルを選択して大正解。ホテル入り口に車を横付けできたので雨でも大丈夫でした。

荷物もチェックインも済ませて21:00。それから時間を惜しむかのように散歩に出発!!

日が沈む運河はとっても美しくいつまでも眺めていられる景色。

 

リゾラ旅俱楽部クルーズデビュー

リゾラ旅俱楽部もついに海外進出です。しかも今回はクルーズデビューです。

Regent Seven Seas Voyagerでヴェネツィアからスタートしてクロアチア、モンテネグロ、ギリシャ、シチリア、

を回りローマまで行きます。どんな景色に出会えるかとっても楽しみです。

 

初めにお伝えしておきますが、リゾラは洋服屋ですがお客様と楽しむことをモットーとしております。

リゾラだからできる遊びを提案します。旅行社ではございません。お洋服を生業とするお店ですので何卒宜しくお願い致します。(笑)

 

今回は初めての海外ツアーで緊張のしまくりですが、落ち着いていきたいと思っております。

お客様がたに助けてもらいながらのツアーになると思いますが、ブログからしっかり楽しさのお裾分けを送らせて

頂きますのでこうご期待ください。

 

クルーズを教えてくれた大分のなかしま河村眞実さん、留守中のリゾラを守ってくれるスタッフ、お家を守ってくれる家族

いろんな方々に支えられながらの出発です。心より感謝をしております。皆様に喜んで頂けるようしっかり楽しみ、楽しませて

参ります!!

留守の間のリゾラも何卒よろしくお願い致します。

 

セントレアに着いて早速セントレアの駐車場の端っこにできたSeattle Terraceなるところをチェックしてきました。

本物のボーイング787を眺めながらお食事ができます。

空港からはちょっと離れているので時間に余裕があるときに子連れで遊びに来るには楽しいかも。

さあではヴェニスに向けて出発です!!

ラ・カーサ・ディ・エム 

一周年を迎えたラカーサディエム。お客様の遊び場になれればと思って、デザイン事務所ルーツの和田さんと『ああでもないこうでもない』と意見をぶつけ合い2年がかりで形にしてもらったCASA(イタリア語で家)。

一年の間にお食事会をしたり、ヨガ教室をしたり、と徐々にいろんな表情を見せてくれるCASAでこの度お客様に還暦のシークレットパーティーを開催して頂けました。

京都祇園の完全紹介制で予約の取れないイタリアン”やまぐち”と日本人で唯一のパルマ認定ハム職人のボンダボン多田さんの共演!!

入り口には京都から暖簾も持って来ていただきお花と久保田一竹のお着物。

奥のお部屋も会議用のテーブルが飾りつけで高級レストラン様変わりです。

何か月も前からいろいろと準備を重ねてきたので、前日は興奮して眠れないくらいわくわくでした。

お客様にこのような大切な日をお祝いする場所に選んで頂けたこと、CASAのこんな素晴らしい表情を引き出してもらえたこと

心よりお祝いと感謝の気持ちでいっぱいでした。ここでいろんな人のご縁を頂けたことにも心より感謝です。

お料理もIHのキッチンで作ったとは思えないほどの高級レストラン。山口シェフの世界がそのまま表現して頂け感動。

お料理でも山口シェフと多田さんのスペシャルコラボ料理。

我が家のお皿も山口シェフに使ってもらえて感動!!

最後のケーキはお友達のケーキ職人がとってもかわいく仕上げてご用意頂き素晴らしいパーティーでした。

カーサが皆様に育てられていく姿を本当にうれしく感じる一日でした。ありがとうございました。

次はどんな表情を見せてくれるかとっても楽しみです。

京都の数寄屋大工 中村義明棟梁に『建物は建てて半分、使って半分』

そうして出来上がるのですと言われたことを思い出します。

本当にいろいろな方が僕の周りに神の化身のようにして現れてくれるので、

言われたときはわからなくても、後からそういうことかと感じることがいっぱいです。

カーサも何卒よろしくお願い致します。

リゾラ旅俱楽部 佐川美術館&MIHOミュージアム

リゾラ旅俱楽部で滋賀に行ってきました。春の陽気に誘われて朝から美術三昧です。

今回は日帰り旅行で16名でちょうど旅行のしやすい人数です。貸切バスなのでハイヤーの様にドア to ドア!!

90歳以上も2名参加。企画するものとしてはお客様がいくつになっても安心して頂けるツアーとして太鼓判を頂いた気分です。

リゾラから約2時間の道のりでまずは佐川美術館です。

ここは平山郁夫作品と佐藤忠良がメインの美術館で、建物がとっても美しい美術館です。

なかなか交通の便が悪いので、こんな機会にお客様をご案内できたらと思っていたところ。

僕のお茶のお師匠川上先生も一緒にご参加いただいて、リゾラのお客様たちも大喜び!!

芸術を楽しむのもおしゃれの大切な要素!!

平山郁夫のシルクロードに佐藤忠良の帽子シリーズは見ていて引き込まれる芸術です。

企画展で木梨憲武の作品展が思いのほか素晴らしくとってもカラフルで元気なアートでした。

楽美術館も駆け足で覗いてあっという間の1時間でした。

美術館でしっかり歩いてお腹が空いたところで、今日は栗東にあるフレンチMirabelle。

ご夫婦でやってみえる落ち着いた感じのレストランです。

お料理もさすがフランスで修業されたということもありますが、シェフのお人柄を感じるやさしい丁寧なお味でした。

お客様たちも大満足。また食べに伺いたいと思うレストランでした。

ちょうどMiraBelleからミホミュージアムは通り道。

ミホミュージアムは午前中はかなり混みあっているようです。理由は曜変天目茶碗と満開の枝垂桜という最高の組み合わせ。

そんなときでも貸切バスは美術館の入り口に横付けをさせてもらえてみんな大喜び!!

中に入ると最高のお出迎え!!こんな最高のツアーはみんなの日ごろの行いの良さの賜物。

曜変天目茶碗も20分待ちで見ることができとってもラッキー。

大徳寺の龍光院のお道具の素晴らしさたるや。さすが時代を超えてきた美術品。理由なしに美しい。

茶碗以外の茶入れから水差しからこんなに美しいものに出会えるだけで幸せです。

五感にいっぱい刺激をもらえたツアーになりました。

お客様のあるお仕事をできるというのはこんな楽しみ方ができるからうれしいです!!感謝!!

次回はどこに行こうかな!!

ヨーロッパレポート5

今回は、旅の初心者容子が投稿します

旅とは、慣れた頃に帰るもの…

使い慣れたミラノのアパートを出て、朝一でパリに向かいます

朝のフライトのため、アルプスの山々が真下に広がっているのが見られました

雪を被った景色が素晴らしく、ひたすら窓に顔をくっつけていた私です。。


約1時間半でパリに到着

タクシーにて市内へ向かいましたが、パリの街中の銀行やデパートのウィンドウがベニア板で塞がれていました。

そう、テロの影響です。今回もテロが行われるという土曜を避けての日程ですが、まさに銃を手にした警官や軍の装甲車を見かけると、普段平和な日本にいるためとっても怖いです。

 

パリでの宿泊先ホテルスクリーブに到着するや、朝早くの移動でお腹ペコペコの私達はさっそくホテルでランチ!

ここでいつも食べるという、クラブハウスサンドやクロックマダムを頂きました^^パリも美味しい^^

 

そして街へ繰り出します!

とにかくパリは街並みが美しい!!どこを切り取っても絵になる!

 

オスマンの時代に、物凄いエネルギーで推し進めた都市計画 景観の美しさも伴ってであったため

いまも世界中の人々を引きつける魅力があるのだと思います ブラボーパリ!!

ルーブルの装飾美術館にも行きました

ジャポニズム展、そして今回の出張の直前に亡くなった皇帝カール・ラガーフェルドの追悼展示も見ました

  

 

夜は、真実さんが親しくされている、バカラにお勤めでいらっしゃった方と一緒に食事をしました

サンラザール駅のリストランテ カレー風味に蒸したムール貝 スクランブルエッグのトリュフかけ

イタリアンとはまた違った味を堪能し、フランスのテロや政治の話からバカラのVIP顧客のお話など楽しい食事でした

このクレープシュゼットもめちゃ美味しかったです!!

 

パリでも歩いて歩いて、買い付け頑張っています!

明日も楽しいもの美味しいものに出会えることを楽しみに、そしてお客様に喜んでもらえる品を見つけに頑張りまーす!

毎日1万歩以上歩いています!