<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
中日新聞全国花火大会!!

台風で延期になっていた中日新聞全国花火大会が改めて長良川河畔で開催されました。

長良川の堤防に1週間前から場所取りをして準備。スタッフやスタッフ家族と一緒に観覧しました。

小さい頃は親に手を引かれてよく行った花火大会に今は子供とスタッフを連れて行くというだけでも嬉しくなります。

その親たちは花火の見えるレストランの涼しいところで見ています。

場所取りでもいろいろ試行錯誤です。場所選びも、通行人で視界をふさがれないか、邪魔になる木々はないか、トイレは近いかなどなど慎重に選びます。次にガムテープで田中と書いて場所取りします。しかし田中だけでは剥がして占拠されたので、それ以降

ガムテープで田中組と書いて場所取りをするようにしています。こうすることで剥がされるリスクが結構減ります(笑)

スタッフと家族、そして偶然ご来店頂いたお客様家族も一緒にお誘いしてみんなで花火鑑賞です。

スタッフのみならずその家族、お客様家族もみんないっしょにみれるな一緒にみると楽しさも倍増です。ちょうど満月ということもありとっても幻想的な花火大会になりました。おにぎりを食べて、冷凍ミカンを食べてワイワイ、キャーキャーなんだか昭和です。

花火が上がるたびに体に響いてくる音がとっても気持ちがよかったです。

風物詩を楽しむのはやっぱり気持ちがいいですね。あ〜もう今年の夏も終わりですね〜!!

味覚の秋を楽しまねば!!

 

NORIKO FUKUSHIMA 展

こんにちは yokoです

 

さてさて、連日岐阜はTVで話題となっていますね~^^

話題と言っても、お察しの通り、最高気温の温度の高さでですが・・・・

岐阜市、ほんっっっっとに暑いです!!!! この言葉しか出てきません(-_-;)

 

子どもの長い夏休みがスタートしまして、1階がお店、3階が住居となっている我が家

日中も子供がずっと家にいるので、小学校のプールやサマースクールなど、子供が出かける用事があるとホッとします。

しかし、この暑さで小学校のプールも中止になるという… 雨じゃないのに中止なんて、初めてです

大人でもバテそうな暑さ、皆様もご自愛くださいね

 

さて、リゾラ 絶賛SALE中です!!

春夏物、お値打ちになりますので、気になっていたアイテムや買い足しアイテムなど

是非ご覧くださいませ!

 

そして今週のイベントは、

 

NORIKO FUKUSHIMA 2018AW collection

7/26 (木) 〜 7/28(土)

 

を開催致します

毎シーズン、必ずチェックしに来て頂けるお客様も多くみえるブランドです

パリのクリスチャン・ディオールで学ばれたデザイナーです

エレガントなラインは、女性の姿を美しく見せてくれます

パターンオーダーでサンプルの形からお生地を選んでいただけるスタイルも人気で

フォーマルなスーツやブラックフォーマルなどの御注文も人気ですよ

是非一度ご覧くださいませ

 

お待ち致しております

 

 

 

 

 

リゾラスタッフ研修2日目in高山

高山2日目は市内の気になるお店を散策です。洋服屋なのか食べ物屋なのかわからなくなる研修です。

まずは世界に誇れるベーカリーショップ『トランブルー』に行ってきました。朝一番に整理券を取りに行ってきました。それでも6番。開店時間に再度訪れて待つこと15分。やっとお店に入れてもらえました。

ここはクロワッサンが有名なのですが12時過ぎにしか焼きあがらないそうで今回はバケットなどで我慢。

ちょっと時間があったので宮川朝一に。女性の購買意欲には脱帽です。

続いて高山に来たら外せないのが飛騨高山美術館。ここはアールヌーボーとアールデコのガラスと家具のコレクションがそろっています。エミールガレ、ラリック、シュナイダー、ドーム兄弟、ティファニーなど見ごたえがあります。

ラリックがパリのシャンゼリゼのギャラリーリドアーケードに作った噴水の復刻版。

このティファニーの作品も100年以上前のものとは思えないくらいの美しさです。僕の大好きな時代です。世界に技術と豊かさのバランスが一番良かった時代の様に思います。

ルイマジョレルの家具もとっても滑らかな曲線美でほれぼれしちゃいます。商品というより作品のような愛情をこめて作られているのが感じられます。大量生産の時代には生まれない逸品です。

お勉強の後は高山のちょっとはずれにあるソーセージの屋さん。

畑に囲まれた所にありとっても自然いっぱいのお店です。ここのソーセージがまた美味しい。関市にある生ハムの『ボンダボン』など岐阜県にもいろいろこだわりのお店があるのです。

午前中しっかり遊んだ後は今日のメインイベント、料亭『洲さき』でのお食事。ここは何度でも食べに来たくなるお店でしかも岐阜県最古の料亭です。このレベルを保ち続けるのは本当にすごい。

贅沢ってネガティブにとられることが多い日本文化ですが、お勉強です。背伸びしてでも贅沢を楽しまないと文化はなくなってしまうように思います。

お料理がでてくると昨日五色が原の森でガイドの松崎さんがお話していたイワナシの実を入れた寒天です。

お料理を運んで下さった女将さんに『昨日五色が原の森のガイドさんに聞いた矢先に出会えてうれしいです』とお伝えしました。見て、知って、見ると感激します。偶然の出来事ですが、みんな感激でした。素晴らしいお店は奇跡も起こす。

お料理もとっても感激です。アユも大きくなっているのですがしっかり時間をかけて焼いていみえるので頭から食べれちゃいます。美味しいのでしっぽまで全部いただいてしまいました。

伝統の技は技術も時間もかかるけど、そこにお客様の感動が生まれるようなきがします。最近は感動をすることが少ないせいか下手になっている気がします。だからリゾラのスタッフ研修は『感動する』ということがテーマです。それには知性も感性も必要です。

それらが備わったメンバーになれるよう頑張ります。

リゾラスタッフ研修 in 高山 1日目

金曜の夜中2:30に集合して高山の奥の朴の木平にある五色が原の森にリゾラ研修に行ってきました。

今回は『皆で自然を満喫して感性を磨く!!』です。なんだか修学旅行みたいでみんなワクワクです。

五色が原の森はガイド同伴でないと入れないエリアで、まだまだ自然らしい自然が残っているエリア、どんな素晴らしい景色に出会えるかとっても楽しみです。

朝7時にガイドの松崎さんと合流していざ五色ケ原の森へ。今回はシラビソコースです。

ここから大自然の中に入っていきます。約8劼瞭擦里蠅8時間ほどかけてゆっくり楽しむトレッキングのスタートです。

山に入ると昨日まで岐阜市は40度近い気温だったのがウソのような涼しさです。獣道よりはちょっと整備されている道をゆっくりゆっくり進んで行きました。松崎さんの説明も楽しくて全く疲れることもなく快調にシラカンバやダケカンバの森を進んで行きました。はじめはシラカンバの森ですが少しづつ標高が上がるにつれてダケカンバになっていきます。シラカンバも北海道のような真っ白ではなくちょっとごつごつした黒っぽいところが多い感じ。ダケカンバになると赤みがかったつるつるとした木肌に。説明をして頂けると自分たちだけでは見えないものをたくさん見せてもらえます。

5月頃にお茶の世界では珍重される大山蓮華もそこら中に自生しております。花の後の実になっている大山蓮華は初めて見ました。

森の中の川沿いに来るとさらにひんやりとした風が吹いてきてとっても気持ちがいいです。真夏でちょうどいいくらいなので5月では寒いくらいかもしれません。秋になると山の中にはいろいろな実もあります。イワナシやサルナシ、マタタビなどなど野生の果実の宝庫です。夏はそんな実が青々としてとってもきれいです。

松崎さんのガイドを聞きながらゆっくりペースを作ってもらって歩くのはとっても快適。

ヤマトリカブトも綺麗に咲いていました。もちろん猛毒です。

無事中間地点の岩魚見小屋に到着。みんなでお昼ご飯です。さすがに日も高くなってきて日向を歩くと汗が出てきました。それでも山の空気を吸ってみんなで普段では味わえない時間を味わって大満足。

後半はシラベ沢沿いを下って溶岩堤防でできた濁池、雄池を見て最後に横手滝と布引滝が待ってます。

山小屋を出て沢沿いに森に入るとこれまた珍しい延齢草が至る所に生えていました。

もう花は終わって実がついていました。こんなお花岐阜の街中では入手困難なお茶花です。

沢沿いはコケが生していてまるでもののけの森です。

さすがに後半は気温も上がってきてちょっと口数も少なくなってきました。それでもみんな横手の滝を見たとたん

すごい〜気持ちいい〜!!と一気に疲れが吹っ飛んでしまいました。

さらに進むと布引滝を見てもう感激。

インターネットにショッピングモールと専門店がどんどんなくなるだろうけど、こんな楽しい遊びができるリゾラはどんどん楽しいお店になっていくと思います。お客様と一緒に楽しめるお店を目指して頑張ります。何卒ご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

ICHO 2018AW 展示会

こんにちは yokoです

 

先週の大雨、みなさまのお住まいの地域は被害ございませんでしたか?

広島やその他、被害を受けられた方々に、一日も早く平穏な日々が戻られることを祈るばかりです

 

リゾラやカーサのある岐阜市でも、それは大変な雨でした。

始めての大雨特別警戒警報が出ましたし、近くを流れる長良川の水位も上昇し、

川沿いの地域には避難勧告が出て、橋の陸閘(りっこう)が完全閉鎖されました。

これは実に14年ぶりのことだったそうですよ

 

そして大雨が去って行った週明けに、梅雨も明け、いよいよ夏がスタートしました!

目の前に迫ってきた夏休み 子供たちはワクワクソワソワしていますが、親は

戦々恐々といったことろでしょうか…^^; とりあえず今週提出の夏休みの工作・研究作品の計画に

母としてどこまで口を出していいものか、悩ましいところです

今年から長男も小学生 お姉ちゃんと二人分の宿題、何事も計画的に、ですね、、

 

前置きが長くなりすぎましたが。

ICHO 2018AW 受注会

7/12(THU)〜14(SAT)

東京青山にアトリエを構えるデザイナー鴨脚 暢(いちょう とおる)氏による秋冬コレクションです

サンプルを見ていただき、これから製作させていただくものになります

ICHOは日本ではなかなか手に入らないお生地を使い、デザインも凝っています

今回は受注会より少し早くサンプルが到着しましたので、リゾラスタッフの試着写真をご案内です^^

今シーズンは、良いです! (毎シーズンいいんですが、特に!!)

 

 

ジャケット 赤のお色がうまくPCでは見られないかも。襟のデザインが素敵

ダウンコート とても薄く軽いです ダウンでもエレガント 赤のステッチが効いてます

ジャケット&ブラウス&スカート

生地の切り替えが素敵なジャケット ブラウスも毎シーズン人気です

やわらかいニットを使ったスカート 温かくタイツと合わせるとかわいいです

セーター&スカート

最高級のカシミヤニットのセーター 裾のスリットが絶妙です

フレア具合と裾に遊び心のあるデザイン

 

他にも、アラシャンカシミヤを使った定番のニットやカーディガンなども人気で

お好きな色を選んで頂けます

アラシャンとは、細いカシミヤの糸で、アラシャンでお作りしたニットは非常に薄く温かく、

生地に光沢があるため、とても上品です

 

展示会期間中は、鴨脚氏本人もリゾラに来て頂いておりますので

寸法の調整など、こまかくご相談のって頂けますよ!

 

サンプルはすでにリゾラにてご覧いただけますので、

皆様のご来店、是非お待ち致しております!

 

お問い合わせは

リゾラ・ディ・エム

TEL  058-264-9715

OPEN  10:00-19:00

CLOSE  SUNDAY