<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
リゾラクリスマスパーティー2016 IN 岐阜都ホテル

1年も早いもので残すところわずかとなりました。今年も岐阜都ホテルでリゾラクリスマスパーティーをさせて頂きました。今年はリゾラ20周年でクリスマスパーティーも11回目。毎年いろんな企画を考えながら一年一年少しずつですが上手になってきているように思います。今までは前社長である母が全て決めていたのが、いろいろスタッフが考え決めることが出来てきてきたように思います。今回も『メーカー様とお客様に一年の感謝をする会』であることをスタッフと一緒に再確認。飾り付けやダンスも大切だけど、メーカー様お客様との写真や会話を楽しむようにと心がけることも話しました。まだまだ若いスタッフと一緒にいろいろ意見を出し合い決めて行くのは本当に楽しい。もちろんいくつも失敗もありましたが、こうやって一歩一歩進んで行くのだろうなと見える会でした。

今年も会場は岐阜都ホテル。いろいろホテルやレストランを転々としてきたけれどここ4年ほど続けて使わせてもらっています。おかげでホテルにもやりたいことが分かってもらえてきました。

まずはお食事。世界料理オリンピックで銀賞の日本代表チームの一員である長尾シェフによるお料理。

皆さんにもとっても好評頂きました。お料理も試食してシェフと意見交換しながら決めていきました。

今年はメキシコ風のダンスを2カ月ほど仕事の前にみんなで練習。衣装も作ったりとパーティーに来て頂けるお客様にしっかり楽しんで頂けるようみんなで考えてきました。やらされているというのから、やっているに変わって行く姿が見ていてよく感じました。ディズニーが言うスタッフがキャストになっていくってこういうことだなと思いました。

今年のゲストは6月にモントリオール国際音楽コンクールでグランプリを受賞したヴァイオリニストの辻彩奈さんとピアニストの碓井俊樹さん。去年もお二人に演奏して頂いたのでなんだかリゾラファミリーのようです。

余りの素晴らしい音色に皆さん大感激。こんな近くで聞けるなんてとっても幸せです。

お客様たちにも大喜びして頂けました。続いて劇団リゾラのショータイム!!

毎年いろんなことをさせられる劇団リゾラですが、最近はスタッフも仕事以上に張り切っています。

中でも一番張り切るのがやっぱり美也子さん。社長交代なんて全く考えてもいない前社長!!

結局マイクを取りだしちゃいました。

 

入口にもちょっとしたお遊びを用意。想像以上におもしろい写真になりました。

メーカー各社からご協力を頂き皆様のお楽しみ抽選会。みんなびっくりするような景品を協賛いただいて

スタッフもほしくなるくらい。

抽選会が終わるともう楽しい時間もあとわずか。

辻彩奈さんと碓井俊樹さんの生演奏で清この夜を合唱。

今年もメーカー様、お客様、そしてスタッフのおかげで無事一年お商売をさせて頂けました。心より感謝を申し上げます。

また来年も素晴らしい年に出来るよう頑張ります。シルク土ソレイユのダンサーのような化粧です。

 

 

 

リゾラ旅倶楽部 上高地・飛騨古川
お天気に恵まれた上高地2日目は朝4時から起きだして昨年行った明神池まで歩くことにしました。あまりに美しかった昨年の明神池の写真と話をしたので今年は僕を含めて4名が朝から明神池を目指して出発。フロントもまだ誰もいないです。

どれくらい歩くのか心配しながらも、見てみたいという好奇心が元気にしてくれます。これがないと、どんなに丈夫な体でも意味がないのでいつも参加条件は『行ってみたい!!』です。帝国ホテルから河童橋までは木の中の木道を歩きます。鴬やかっこうが朝から歌っています。日が昇り始め明るくなってきて、思ったよりは寒くありません。空気が美味しくてもう思いっきり深呼吸。本当にこの美味しい空気をいつまでも守ってほしいです。もう経済成長率などにこだわらないでほしいと思います。不便をしてでも自然を守ってほしい。

でも本当にこの透き通る川の水はとっても美しいです。さらに山道を歩いていきます。道のいたるところに花が咲き、上高地の春を彩っています。この5月末はニリンソウが一番の見ごろを迎えます。


白くてかわいいお花が上高地に春を告げてくれるのです。普段の生活では足元のお花に気がつかないのですが、こんな素晴らしい大自然の中にいると色々な物が目に入ってきます。片道3.5キロの道のりもおしゃべりしながら歩いていると、歩けてしまいます。またアスファルトでないせいか、膝や腰にも負担は少ないように思いました。そうこうしていると、穂高神社の鳥居が見えてきました。無事ここまで来させて頂いたことに感謝。なんとカラフルな3人なのでしょう。

頑張ったご褒美にちゃんと素晴らしい景色をご用意しておいて頂けました。

鏡のように写る明神弐の池。行きたいという好奇心に応えてくれた気がしました。本当に感謝です。来た道とは違う道を帰ると猿に出くわしたりしましたが、早くホテルに到着。ちょうどみんなが朝食に起きてくる時間でした。

朝からとっても優雅なお食事です。もう最高ですね~!!
朝食を終えてから、バスで再び河童橋に。足に自信のない方もリゾラのスタッフがお手伝いをしてみんなに上高地の大自然を楽しんで頂きました。

上高地を堪能して、再び帝国ホテルに戻って昼食。『先ほど食べたばかり~』でもどうしてもここのカレーライスを食べたくてプランにねじ込ませて頂きました。でもみんなそうは言いながらもペロリと召し上がられていました。

やっぱり美味しいものは別腹???
上高地と帝国ホテルを存分に堪能してから次は飛騨古川に寄り道。
個人のお家を美術館にしてみえる日根野美術館でおやつの時間。大変気さくなマダムで、なんと普段は展示されているカップとお皿でケーキが出て来たのでびっくり。こちらのマダム特製のベークドチーズケーキを頂きながら、古伊万里や塗の御重などいろいろなコレクションを拝見させて頂きました。


飛騨古川は岐阜の人でも意外と来たことのないところ。高山は有名ですが、飛騨古川もとっても情緒ある街並みで酒蔵もあってちょっと歩くのにはいいところ。

これで今回のリゾラ旅倶楽部はおしまい。次回はどこに行こうかな~!!乞うご期待!!


 
リゾラ旅倶楽部 上高地・飛騨古川
5月24日~25日の1泊2日にリゾラ旅倶楽部で上高地に行ってきました。昨年あまりに素晴らしい景色と素晴らしいホテルにご好評を頂き、今年も行くことに。去年ご参加頂いた方もたくさんご参加頂き19名、上は93歳、下は22歳という楽しいメンバーで行ってきました。
岐阜から近いようで遠い上高地。まずは高山にある飛騨高山美術館でランチと芸術鑑賞をしました。
世界に一つしかないラリックの噴水。水を出してもらって、その音を聞いて心はアールヌーボーのパリにタイムスリップ。ティファニーのランプ、ガレ、ドーム兄弟などなど。ガレの家具やマッキントッシュなどのアールデコもあり19世紀のヨーロッパ文化の美しさを存分に楽しませてくれました。


美術館の前にはロンドンバスもあり、少し前までは実際にこのバスを送迎用として使っていたというのだからびっくりです。
美術館をしっかり楽しんだ後は一路上高地へ!!高山から1時間くらいで、釜トンネルに。ここからはマイカーでは入れません。急な坂のトンネルをバスが一生懸命登っていきました。トンネルを出るともうそこは上高地。天気予報では雨の予報だったのにしっかり晴れてくれました。みんなの運?執念?の強さには毎回驚かされます(笑)
まずは大正池でバスを止めて頂き湖畔まで歩いて降りてきました。

北アルプスの稜線がしっかり見え、去年は7月ということもありこんなに雪が残っていなかったので、雪の残る峰々を見てみんな感激していました。そして何より空気が美味しい~!!この写真は僕の母と母の珍しいツーショット。しかも同じ歳。昔来たことのある方は大正池の立ち枯れの木々が減っていることにびっくり。自然のままというのは変化しないのではなく、変化していくことなんですね。
大正池のコバルトブルーを楽しんだ後は、憧れの上高地帝国ホテルに。

今年は全室ベランダ付きのお部屋を確保!!本当にお天気でよかった~!!
早めにホテルに到着してそれぞれ自由時間。去年は歩くことのできなかった田代湿原の方をまずは散策。



気温は20度くらいで最高のお散歩日和。新緑の中を歩くのは本当に気持ちがよかったです。鴬にカッコウにみんな上手に歌ってくれていました。1時間弱のお散歩もあっという間でした。自然の素晴らしさを堪能した後の夕食は格別です。
ホテルに戻るともう暖炉に火がともされていて、とってもいい雰囲気。夕食はTHE DININGROOMでフレンチ。

帝国ホテルの伝統と格式をしっかりと楽しませてくれるひと時です。メインのローストビーフの大きさにびっくり。それをさらっと平らげてしまった93歳のお客様の横で半分も食べれない20代。やっぱり持っているものが違いますね~(笑)
食事の後は、バーに行く人、お部屋でのんびりする人、僕と一緒に暗闇の中、星を見に再び田代湿原に行く人。それぞれの楽しみ方を楽しんでいました。去年は生憎の天気で見れなかった満天の星空が見れて感動でした。月明かりのおかげで北アルプスもしっかり見えてとっても幻想的な星空でした。

 
還暦パーティー
先日、リゾラの家族のようなお客様お二人の還暦パーティーを開催いたしました。家族、お仲間が集まってのパーティーです。最近は還暦と言ってもまだお若い感じがします。若干35歳の僕がいうのも変なのですが・・・

お二人にはその日限りの大様になって頂き、みんなからのお花を献上!!60歳になってこんな恰好をさせられるとは夢にも思っていなかったお二人です。お仕事を通してこの様なご縁を頂き本当にお仕事っていいですね〜。そしてこのご縁に感謝です。
節目のお年をみんなでお祝いする。とってもシンプルなことだけど最近少なくなったように思います。子供や孫が集まってお祝いする姿を見ているだけで心が温かくなります。ここにいる皆がファミリーのような時間でした。


こんな素晴らしいひと時のお手伝いをできることが幸せですね。世の中の不幸なニュースばかりを聞いているより身近な幸福の時間がいいですね〜。
リゾラ新年会
お正月休み気分もやっと抜け、そろそろ今年もエンジンがかかってきたので待ちに待った新年会。今回は岐阜で最高級フレンチ『ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール』にリゾラのファミリーでお食事。お客様に高級品をお勧めするリゾラのファミリーもエレガントを肌で感じる大切さを経験してもらいたくて企画!!決して宝くじに当たったわけではありません(笑)
早速ラーモニーのマダムの粋な計らい。

鯛焼き風トーストからのスタート!!こういう演出の細かさに真心とお手間を感じる、まさにおもてなしですね。
リゾラの新入社員は高校を卒業して19歳で初めて見るエレガントな世界。ユニクロやギャップ、マクドナルドやファミリーレストラン、fast価値観で育ってきたのに急にslow価値観を理解するのは無理難題です。まずは『お洋服にこんな高いものを買うの?』と感じるのが普通。『10着買える』のになぜこの1着を買うのか。『お金持ちだから?』『私にはどうせ無理?』これがわからないとお客様に高級品を勧められないのです。お客様に高級なお洋服をお勧めする以上まずはこの課題をクリアーしてほしいのです。3000円の飲み会を10回と30000円のお食事を1回の豊かさの違いを。
それを理解するには食というのはすごい。食べた瞬間に豊かさを教えてくれます。これが感じられなければ絶対に高級なお洋服を販売するのは無理です。というのが僕の持論です。
ルミエールのフルコースがしっかりとこの課題の答えを教えてくれました。



初めて感じる高級レストランに素直に感動している姿に嬉しいのと、あまりに真剣に食べているので笑えます。

本当は今年一年のスケジュールなどを話したかったのですが、やめました(笑)
リゾラのファミリーのようなメンバーで楽しく美味しいお食事を頂けるだけで、豊かさを感じる感性をまず養ってもらえたように思いました。楽しく美味しいお食事を頂くって本当に幸せ!!
今年も楽しいリゾラになっていきますのでご期待ください!!


 
リゾラクリスマスパーティー2014
今年ももうクリスマスの季節です。毎年恒例のリゾラクリスマスパーティーを岐阜都ホテルにて開催いたしました。お昼ごろから雪が降ってきてとってもクリスマスらしい日になりました。
昼からスタッフ総出で会場のディスプレー。文化祭の気分でなんだか学生に戻ったようです。
毎年このクリスマスパーティーでスタッフの新たな才能や、メーカーの御協力への感謝、お客様とのご縁、などいろいろなことを改めて感じられる貴重な時間です。お食事の試食から、舞台製作に、会場のデコレーション、やっている時は大変なこともありますが、やっただけの喜びがあるのでスタッフみんな頑張ってくれます。僕としては『あ〜今年も無事一年が過ごせたな〜』という感謝する日です。


今回も岡部啓太郎さんにも東京からお越し頂きミュージカルナンバーを歌って頂きました。

劇団リゾラはシェーフェルドシアター『コーラスライン』です。ダンスをする度に本物のダンサーの凄さを身にしみて感じます。足が上がらないし、回ればふらつくし、右手の動きを覚えたら左足を忘れるし〜(笑)でもやってみると面白いですね!!

いや〜なんとか踊れました???つもりなのですが・・・来年は何をしようかな〜!!
劇団リゾラの後は皆様お楽しみのクリスマス抽選会。

メーカーの御協力のおかげでいっぱいお客様の笑顔が頂けました。ありがとうございました。
最後はみんなで清この夜を歌いました。

また来年も皆様よろしくお願いいたします!!
リゾラクリスマスパーティ2014
今年もクリスマスの季節が近づいてきました。
12月14日(日)
OPEN 17:30~ START 18:00~
岐阜都ホテル スカイバンケット
会費 ¥13,000
今年も踊って、笑って、1年の締めくくりを是非ご一緒に!!ご参加よろしくお願いいたします。
ご予約はリゾラにて11月20日までによろしくお願い致します。
リゾラ旅倶楽部よ科・上高地
朝食の時間までに上高地帝国ホテルへ無事帰ってくることができました。朝から3時間歩いて、美しい景色を見て、上高地の天然水のシャワーでさっぱりして、美味しい朝食!!

これ以上に気持ちのいい朝は想像がつきません。体中からリラックスしていくのがよくわかります。このシンプルなアメリカンブレックファーストがおなかにちょうどいいです!!最高のおもてなしを堪能させてもらいお客様たちにも感激して頂けました。

上高地帝国ホテルまでバスに迎えに来てもらい、河童橋の手前のバスターミナルから梓川沿いを10分ほど歩いて河童橋に到着。そこから見える穂高連峰とエメラルドグリーンの梓川もうみんな感激で、天に上るような気持ちになったのかみんなで「遺影用の写真撮って!!」と。まだまだ長生きされそうですがと思いながらもカメラをパシャ(笑)

ここまで来たらやっぱり上高地ソフトクリーム!!とっても美味しくてもう幸せ〜!!短い時間でしたが上高地を満喫できてとってもいい思い出ができました。
これから山を下って安曇野にある茶懐石のお店『昇月』に。おなかいっぱいでもう食べれない〜と思って茶懐石にしたのですが、ちょっと量が多くてしかも時間がやはり長くて、と言いながら食べてしまう皆様・・・


上高地の感激もありここからのんびり岐阜までバスに揺られて無事リゾラ到着。皆様の日ごろの行いの甲斐あって、とっても楽しい2泊3日のリゾラ旅倶楽部になりました。お疲れ様でした。
来年はどこに行こうかな〜!!ぜひ皆様のご参加をお待ちいたしております。

 
リゾラ旅倶楽部h科・上高地
朝4時まだ夜が明けたばかりに目が覚め、テラスから空を見るととってもきれいな満月が出ていました。上高地の朝を楽しまなくてはと、防寒をしっかりして、地図をもって出発!!誰もいないフロントを通り外に出るとキーンと冷えた空気が体中に染みわたってきました。
まずは田代橋方面に。月明かりに照らされた梓川に霞が立ち込めていてとっても幻想的な景色。


クマが出てこないか心配はありましたが、なんだか素晴らしい光景に出合えるのではないかと地図を片手に上流に向かって歩き出しました。この時間はまだ上高地に入る道は通行止めなので、上高地に宿泊している人しか入ることはできません。こんな早い時間に歩く人なんていなく上高地には僕しかいない気分。少し歩くとウォルターウェストン碑が見えてきました。上高地の魅力を発見した第一人者です。

一人で歩いているとウェストンもこの景色を見ながら感動したんだろうな、でもこんな道はあったのかな。夜が少しづつ明けてきました。鳥の鳴き声と川の音に包まれながら歩いていると、紫や緑の色々な鮮やかな色をした鳩くらいの大きさの鳥がいました。ブッポウソウです。キジバトも、キツツキもいました。

倒れた木もそのままです。川の中の立枯れの木も自然のまま。本当の地球の姿はなんて美しいのでしょう。1時間ほど歩くと河童橋に到着。そこから下流を見ると焼岳が朝日を浴びてまさしく焼岳に。

次々と現れる美しい光景に導かれるように更に上流を目指しました。熊笹がしげり、山の中に一人というのは不安、うれしさ、好奇心、いろんな感情が次々と湧き出てきます。

でも何でもいいから進んでみると、色んなものが出てきてくれます。うれしくてうれしくてたまりません。僕は根っからの旅人ですね(笑)昨日まで降り続いた雨のせいでぬかるみはあったけど、その雨のおかげで味わったことのないほどのおいしい空気。腕時計の針だけが唯一僕を現実とつないでくれている不思議な感覚を感じながら歩いていきました。すると道が開けて、鳥居や小屋が見えてやっと人の気配がするところに出てきました。穂高神社です。

穂高神社の奥が明神池。ちょうど5時50分でした。神主さんに「池には6時から入れますからその前にお参りしてください」と脇にある本殿を指さされました。お参りしてまた入口に行くと6時にはなっていなかったけど入れてもらえました。もちろん1番乗りです。20メートルほど歩くとなんと言葉にはできないほどの美しい景色です。



まさしく神降池です。神に導かれたかのように歩いてきた感じがしました。
明神池を後にして、帰りは明神橋を渡り、朝食に間に合うようにここからホテルまでまた1時間歩き続けました。
実はこの2日程後に田代橋付近でクマが出たとのこと。
無事帰ってこれてよかった・・・

 
リゾラ旅倶楽部∵科・上高地
リゾラ旅倶楽部2日目は蓼科から八ヶ岳方面で遊んで上高地に向かいます。朝はのんびり起きて小淵沢にあるキースへリング美術館に向かいました。アメリカのストリートアートの先駆者で、31歳という若さで亡くなったですがとってもシンプルな線と色使いで知られるアーティストです。お天気も回復して蓼科から八ヶ岳に抜ける道は緑の回廊です。バスの中でも森林浴をしている心地よさでした。
美術館の駐車場から森の中を歩いて美術館に。アメリカンストリートアートらしく何とも軽快な感じで、遊び心いっぱいです。


美術館の中はさらに面白い建物と展示方法でこんな美術館初めてです。真っ暗な道を通りぬけたり、坂になった広い空間での展示はストリートアートをとっても面白く展示してありました。建築家北川原温(きたがわらあつし)の代表作でもあるこの建物も一見の価値ありです。

お昼は信州ということでやっぱりお蕎麦。三分一の湧水の出るところにあるお蕎麦屋さんで軽く。といってもさすが本場ですね。美味しかったです。

次はまたがらっと変わって平山郁夫のシルクロード美術館に。

八ヶ岳エリアは本当に美術館のジャンルの広さに驚かされます。平山郁夫シルクロード美術館の1階はシルクロードの仏像から遺跡まで展示してあります。シルクロードという名からは想像できない乾いた砂漠のような道を昔の人たちは歩いてきたのです。見ているだけで水がほしくなります(笑)二階に上がるとこれぞ平山郁夫作品という展示です。深みのある青色が、日本画ならではの美しさですね。

八ヶ岳エリアから一路、上高地に向かいます。梅雨まっただ中の上高地は、ほとんど山も見れないと聞いていたのですが、一度行ってみたかった上高地帝国ホテルに!!
松本で高速を降りてどんどん山道に入っていきます。お天気も曇っているし、川は昨晩降った雨のせいか茶色く濁った濁流・・・さらに上るともう本当に山の中の山道。誰がどうやってこんな山奥にリゾートを見つけたのか、不思議になるくらいです。


無事、上高地帝国ホテルに到着。貸し切りバスなので乗り換えなしで来られるのでとっても楽ちんでした。
昭和8年に作られたこの山岳リゾートホテルには現代のホテルにはない独特の趣があります。鍵もカードキーではないし、ボタン一つでお風呂が入ることもないし、床暖房もないし、ただ壁は壁紙ではない左官仕上げで、暖房もエアコンではなくヒーター。水は上高地の天然水。これが、想像以上に居心地がいいんです。お風呂に入った瞬間違いが分かります。温泉とは違う気持ちよさがあります。さあ夕食!!
上高地帝国ホテルと言ったらダイニングルームのフレンチ!!みんなオシャレして楽しいディナータイム。


さすが上高地帝国ホテル。こんな山奥でこんなに美味しいフレンチが食べられるなんて思ってもいませんでした。かぼちゃのスープ絶品です。シナモンとバルサミコとクリームをあしらってあるだけなのですが、このスープだけでももう一度来たくなります。お肉料理もみんなしっかり召し上がって見えました!!もう一皿一皿に感動でした。
お食事の後はラウンジに移動してまったり。上高地帝国ホテルの限定20個というカスタードプリンも予約しておいたので、別腹に!!本当に心地のいいホテルライフ。お天気だったら星を見に行こうかと思ったのですが残念ながら曇りでした。次回のお楽しみができました!!