<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
七五三

先日、伊奈波神社で我が家のビッグイベント『七五三』が無事終了しました。

初めは10月に行う予定だったのですが、雨のため11月になってしまいました。すると曾祖母が『神無月にやるなんておかしいと思ってたからよかった』と。そういうことをさらっと出てくるのはやっぱり凄いですね。

でもちょっと調べると、神がいない月ではなく『神の月』がなまったもので、 神無月というようになり、それをうけて出雲の人が神在月と言い出したというんですね。6月の水無月は決して水がない月ではなくて『水の月』と一緒の解釈。

まあ何はともあれお天気にも恵まれ、健康にも恵まれ家族全員この場に揃えたことは本当に幸せです。

7歳の長女、5歳の長男、ほぼ3歳の次女。あっという間に素晴らしいチームができました。

長女と次女は妻の七五三の時に着たもの。長男はお客様のお子様が約30年前に七五三で着たものを拝借。知識のない僕が見ても上等とわかるお着物。最近は洋服であったりポリエステルの生地にプリントした薄っぺらいお着物で簡単に済ませてしまうようです。確かに一回のことだしと考えるのでしょうが、一回しか着ないからこそこだわることをお勧めします。人生に一度の思い出をしっかりと良い物で残してあげてほしいです。

妻ほど気合は入っていなかった僕も、終えてからちゃんとしておいてよかったとしみじみ感じました。

3歳は髪置 髪を伸ばし始め 5歳は袴着 男の子が袴をはき 7歳は帯解 帯を付け紐から丸帯に変える。

これが七五三とのこと。

是非これから七五三を迎える方は頑張ってください。

お洋服も何度も着るお洋服でなくても妥協しないのが、結局はいいお買物だと思います。

 

 

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。昨年は家族がまた一人増えて12名になりました。昨年の我が家は小学校受験を満喫して、想像以上に子育ての楽しさを感じました。今年は長女の小学校入学、リゾラ20周年などありますが、楽しい一年にしていきたいと思います。
皆さま何卒今年もよろしくお願いいたします。
小学校受験のすすめ
とっても久しぶりのブログ更新。6月から挑戦していた南山大学付属小学校受験が無事終了しました。想像以上にいい経験だったのでこれからお子様を育てる方々につぶやきたい。
小学校受験のきっかけは娘より一つ年下の姪っ子が小学校受験のスクールに入ったと聞いて、へぇ〜都会にはそんなのがあるのか〜。試しにやってみようか。というのがきっかけ。早速小学校のホームページで情報を確認。まずは学校説明会。5月に申し込みをして6月6日(土)に開催されました。入試には直接関係はないけど、学校説明会に行って受けた体験授業で子供が『この小学校に行きたい』と思ったことが大きく結果を分けたように思います。また親も学校の教育方針をしっかり聞けるので学校説明会は行くと学べることがたくさんあります。学校の教育方針は多くの子供と向き合っている方の経験と知恵が集められて生まれたものなので、考えれば考えるほど奥深く、これを理解しようとする時間だけでも小学校受験をする価値があるように思います。僕はベージュのスーツで行きましたが、基本は男女ともに紺色のスーツ。ポロシャツの方も1人おりました(笑)
例えば今回受験した南山大学付属小学校の教育方針は『かけがえのないあなたと私のために』これは戦後まもなくして再開された南山学園に携わったアルベルト・ボルト神父が戦争を通して得た教訓を後世に伝えるためにたどり着いた『人間の尊厳』という考えを小学生にもわかりやすくした言葉です。ドイツ人の神父が多かったからこそ、真摯に戦争に対する反省をし、全てを失った時だからこそたどり着けた考えのように思いました。自分の子供が6年間で少しでも理解してくれたら本当にうれしいし、万が一戦争を経験することになってもこの理念を持っていれば自分で考えて行動できると思ったら、『あ〜こんな小学校に行かせたい』と強く思うようになりました。多分この段階まできたら小学校受験は半分達成したように思います。受験のテクニックなどを塾などは一生懸命教えるのですが、それでは合格することがゴールになってしまいます。テクニックも大事ですが『どうしてその小学校に入れたいのか』をまずしっかりと考えることがいい経験となります。僕も初めはいいブレーンに出会える、いじめが少ない、質の高い教育が受けられる、偏差値の高い中学にエスカレーター式に入れる、などなど魅力はたくさんあります。でも何よりまず親が小学校の教育方針に魅力を感じられるかどうかです。
7月から受験勉強開始です。小学校受験を合格するためではなく、親と子供が一緒に取り組めるイベントと思って受験勉強を位置づけて始めました。ちなみに娘は3歳から『めばえ教室』とピアノを習っています。まずは学研や公文が出している『めいろ』『ちえ』『きりえこうさく』を中心に勉強と遊びを区別しないように『勉強は遊び』『遊びは勉強』という意識で一緒にやりました。足し算、ひらがな、などはトイレに張ってありますが問題集などは特にやらずお買い物や食事など生活の中で教えることだけはしました。あと、どれだけ効果があるのか、はたまた良いことなのかは分からないけど、我が家のリビングにテレビはありません。だからテレビを見ることは少なく、見たいアニメの時間は覚えていてテレビのある部屋で見ている程度です。そのかわりに、リビングの壁には抽象画の絵をかけていたりします。会話を多くしたい、過激なニュースや映画を見せたくないというのが理由です。
8月末に申し込んだ、9月8日の入試説明会。これは親だけでこの時に願書や振込用紙など入試資料一式頂けるので必ず行かなくてはいけません。この時も僕はベージュのスーツで行きましたが、完全に僕だけ浮いていました。皆さん紺色かダークグレーのスーツでした。入試説明の後に授業を見学させてもらえたのですが、授業の質の高さにびっくりしました。算数の授業にしても国語の授業にしても『どうして』『そういことか』と引き込まれていくので面白い。先生も生徒の反応を『そうきたか』『他に思いつく人は』と楽しんでいました。教えるというより一緒に楽しむという感じです。ここでも『こんな授業を受けさせてあげたい』と思い受験がますます楽しくなってきました。
10月に南山大学付属小学校の過去問(5000円くらい)を買ったのですが問題を見てあまりに簡単で面白くなかったのでやらせなかったのですが、今思うと小学校受験は問題ができるかどうかよりも、どう考えるか、どう取り組むかを見ているようなので過去問をやる意味はほとんどないように思います。それよりはいろんな問題をやらせてあげたり、お料理、洗濯、掃除を手伝わせることがおすすめです。時間がかかるのでつい大人がやってしまうのですが、敢えてやらせることがいいです。ただやらせるのではなく、どんなことを考えられるのかを親が意識してさせるとよりいいです。親の方が勉強になります。
11月に入り受験用の問題集を始めました。『しょうがく社』のものが値段も安く、問題量も多く、問題の質もいいのでお勧めです。
公文式のように次々にやらせていきました。できないところをどう教えるのか考えるのが面白くなります。あまり強制しても嫌いになるのであの手この手でいかに楽しませるかを考えてやりました。受験の雰囲気を体験させるため11月8日のローレンシャンスクールが開催していた南山大学付属小学校の模擬試験を受験。他の塾の模試はもうすでに9月〜10月で終了していました。受験結果はB判定。このB判定の意味は特に書いてなくしかも鉛筆で手書き!!問題内容ももちろん分からないけど、コメントは姿勢についてが大半。高校受験や大学受験しか知らない僕としては『なんだこれ』という思いだったが、普段子どもの躾をしている妻は『分かる分かる』と納得しており、夫婦でも見ているところが違うんだと発見。
11月21日(土)一次試験 子供と親二人でいざ出陣。娘には『とにかく楽しんできてね』と。もちろん親は紺色のスーツで娘は紺色をキュロットに白の襟付きセーター。試験内容はハンカチ・洋服をたたむ、コップに水を灌ぐ、おはじき、鬼ごっこ、逆上がり、ペーパー問題など。筆記具は使わないので文字をかける必要は一切ない。でも書ける子たちばかりだと思うけど。
帰り道、試験内容を聞いて、逆上がりもできなく前回りをした、洋服をたたむ途中に時間切れで袋に押し込んだ、問題は1問しかできなかったとのこと。絶対落ちた〜!!
月曜あまりの緊張のせいか自家中毒。子供なりに緊張しているんですね。
26日に結果発表。まさかの合格。採点基準が『できるできない』ではなさそう。『どうするか』のような気がします。
12月4日2次試験は親子面接。子供が前に座り後ろに親が座る。面接官は3名。面接室は3部屋でした。色々準備はしていたつもりだったけどすべて予想外の質問。志望動機も聞かれなかったので頭は真っ白。それでも、願書に沿って質問されるので願書は提出前に必ずコピーをしておくといいです。そして、わからない時には『わかりません』と言うように教えていたのが良かったみたいです。僕の根拠のない見解です。
面接官『朝起きて最初に何をしましたか』
娘『お風呂に入りました』
面接官『いつもお風呂には朝入るのですか』
娘『いいえ、夜入ります』
面接官『どうして昨日の夜は入れなかったのですか』
娘『パパとママのお仕事が遅かったからです』
汗たらー
面接官『おじいさんの畑があるそうですが、どんな物を植えましたか。』
娘『おぼえてません』
面接官『では、おじいさんから教わったことは何かありますか』
娘『覚えてません』
面接官『では、何かお手伝いをしたことはありますか』
娘『人参を抜いたり、銀杏を拾ったりしました』
あーもうだめ

久しぶりの緊張でした。それでも娘は後ろを振り返ることなく堂々と自分で答えている姿に感動しました。
まあ結果はどうであれ家族で楽しんだ満足感でいっぱいでした。
結果はなんと 合格!!びっくりです。
しかし通うのに片道1時間30分もかかるのと満員電車ということもあり、悩みに悩んだのですが辞退することに。
こうして半年間に及ぶ小学校受験は大満足で終わりました。

 
忙しいお盆休み!!
久しぶりの連休ということで、しっかり家族と遊んできました。まずは12日〜14日に浜名湖です。浜名湖にあるエクシブに泊まったのですがやはりお盆ということで人人人!!こういう時に子供たちを連れてくるにはとっても便利で毎年恒例のようになっています。子供たちはお天気がいいからやっぱりプール!!僕としてはお部屋でのんびりと行きたいところなのですがそうはさせてもらえません。

いつの間にか子供たちがプールで遊べるようになっていて、子供の成長の速さをしみじみと感じます。こんな時間を楽しめるのも今だけと思ってしっかりと遊んできました。子供の元気にはついていけないく、最後は『もうお部屋に帰ろ〜』とお願い!!お部屋に戻ると一番下の娘がジャグジーの横でジュースをこの飲みっぷり!!次は1歳児をジャグジーで遊ばせて、やっとお食事!!

お食事が終わると次はトランプ。子育てって、『もう〜』って思うけど楽しいんです(笑)神経衰弱で5歳の娘に負けたときには、もしかして脳ドックに行った方がいいのかと真剣に凹む僕でした。
2日は朝食の後に浜松と言ったらやはり『うなぎパイ工場』お盆ということもあり、ここも凄い人!!

うなぎパイに本当のうなぎの粉末が入っていると知ってびっくり。有名ですよと言われもっとびっくり。うなぎをお菓子に入れようと考え、入れちゃうんだから成功する人ってやっぱり凄いですね〜。当時はみんなに『変だ』『やめておけ』と言われたんだろうと想像します。
社会見学を終えてお昼は浜松駅近くのギョーザ屋さんに。これまた毎年凄い行列。ギョーザに一時間待ちとは僕には信じられないと思いながら並んでいました。確かに美味しいけど!!
食事の後はホテルに戻ってまたプール!!午前中雨が降っていてプールが中止だったのが、僕らが帰ってきたらお天気も回復してプール再開!!本当にラッキー!!夕食まで子供とのプールが運動不足の僕には応えました!!
夕食も早めに終えてまたトランプ。あっという間に一日が終わります。
翌朝は朝食を食べて、静岡で有名な『さわやか』というハンバーグ屋さんでランチ。これまた1時間待ち。行列嫌いの僕には忍耐忍耐。高速で岐阜まで帰って次は翌日からのキャンプの買い出しに!!渋滞にはまりながらもなんとか夕方には岐阜に戻れたので一安心。
15日〜16日はひるがの高原キャンプ!!今年は3家族で楽しんできました。

浜名湖エクシブから一転今度は火をおこして土鍋でご飯を炊いて夕飯の準備!!

これが結構美味しいんです。我が家のキッチンはIHなのでこの土鍋が使えないのでキャンプの時には持参しています。みんな半信半疑で『大丈夫〜???』と言いますが、意外とできちゃうんです(笑)今回は焼き肉をしなくて煮込みハンバーグをすることに!!これがまた大成功!!子供たちも大喜びで食べてくれました!!夜はハンモックとリクライニングチェアで天体観測!!満天の星空に子供たち以上に大人が大興奮。それでも余りの寒さに耐えられませんでしたけど。お盆と言っても夜は息が白くなりますからね。暑い夏にはこれまた贅沢なひと時です。

朝は6時頃には目が覚め朝食用に火起こし。清々しい朝の空気がたまりません。朝は昨晩の残りの野菜を使ってカレーライス。朝からカレーですかと思うけど、食材を使い切るのにはカレーが一番!!意外と朝から食べれるのがキャンプのいいところ!!1晩だけなのであっという間でしたがみんなでとっても楽しい1日を過ごせました。
まだ続く僕のお盆休み。お昼前にひるがの高原を出て高速で渋滞に巻き込まれることもなく1時間で岐阜に到着。急いで荷物を片付け、次は京都に大文字焼きを見に新幹線で移動!!

今度は料亭はやしの御馳走!!本当に忙しいお盆休みでした!!
お葬式!!
先日、家族のように可愛がって頂いているおばあちゃんの訃報が届きました。いつかは来ると思ってはいたので、悲しいという思いよりも楽しかった思い出が湧き出てくる感じがしました。これもご縁というか、すぐに飛行機が手配できておばあちゃんのところに行けました。血がつながっているわけではないけど、なんだか自然と飛行機に飛び乗っていました。そしてここから葬儀までの3日間、最後の有難いお勉強をさせてもらいました。おばあちゃんの生き様をしっかりと見せてもらった感じです。
おばあちゃんがいるお家に着くと親戚や友人が集まっていました。おばあちゃんに集合をかけられて集まってきた感じです。そして何よりおばあちゃんが本当に笑っていたから、満足した人生を送ったんだなあ。お坊さんがいろんな死に顔があると言っていたけど本当に最後の表情ってあるんですね。
老いというのは誰にもきますが、どう老いたいか。それが大事だと言っているようです。人は老いると社会との関係が薄まり、また遠ざけていきたくなるので長生きをすればするほど孤立していってしまいやすい。でもおばあちゃんは最後まで社会を遠ざけなく関わり続けたように思います。環境もあるけれど、本人の老いとの向き合い方がとても前向きだからこそできたのだと思います。「もう歳だから・・・」というセリフはよく聞きます。でもおばあちゃんは「もう歳だけど・・・」という生き方だったように思います。満足をしない生き方ですね!!
おばあちゃんは長い人生の中でたくさん苦楽を経験していました。その話を聞くのが僕の一番の楽しみでした。戦争のお話、留学のお話、子育ての話、お商売の話。苦労も苦労と思わないでとにかく楽しむ。だから苦労のように見える話も何でも楽しかった。
1日目の夜はおばあちゃんの息子さんとおばあちゃんの横で朝4時まで、これからファッションとはどうなっていくのか、とかファッションとは何なのか、どんなビジネスになっていくのか、と答えのないまるで渦巻線香のような会話を渦巻線香を見ながらしていました!!
2日目は、せっかくおばあちゃんが呼んでくれて大分まで来たのだから何か遊ばないとと思い、砂湯に行くこと。海と青空を見ながら砂に埋まる。とっても気持ちがいいです。僕はできたら海の近くに土葬してほしいと思いました。
朝からしっかり遊んで、お昼過ぎからお通夜の準備。葬儀屋さんの手際の良さが、とっても素晴らしくベテランのホテルマンがパーティーの準備をしてるかのようです。今回は特にみんながおばあちゃんを見送るパーティーのようなので特にそう感じました。またこんな感じだから戒名とかもとっても簡単。覚えられないような難しい字がなくてとっても素敵。高級な名前より自然な名前がいい。趣味の絵をハガキにしてお土産に、いっぱい遊んだ写真はアルバムにしてみんなが見れるように。こんな楽しいお葬式ってあるのかな。
お通夜が始まると一応しんみりとはするけどそれもまた楽しかったです。おばあちゃんとの思い出がよみがえってきて寂しさはあるけどそれ以上に楽しかった。お通夜もあっという間に終わり、通夜ぶるまい。おばあちゃんのおかげで久しぶりに会えた人がいっぱい。お互いの近況を話したりしてとっても楽しいお食事会です。
3日目は葬儀。何だかお別れのときが来た感じでした。大勢の方が自分の親のようにおばあちゃんに話しかけている姿はおばあちゃんの大きさというか、徳というか。どんなお経よりも有難いお祈りですね。お花を棺の中に収める時もみんなが思いを込めておばあちゃんに渡していました。
あっという間に葬儀も終わり出棺。コーラスの仲間が歌ってお見送り。何故か自然と涙が頬をつたっていました。
火葬場まで行って最期まで見送らせてもらえて、なんて有難いご縁を頂けたのでしょう。火葬の待ち時間は親戚の中にご一緒させてもらって、こんな楽しい見送り方はあるのかというくらい楽しい家族の時間。一緒にいた葬祭場の方もびっくりしていたのではないかと思います。本当に幸せな家族の見送り方に立ち会えて、とっても幸せでした。
火葬が終わり拾骨もして「おばあちゃんありがとう」という思いだけでした。
おばあちゃんが最後に教えてくれるご縁の有難さと素晴らしさにただただ感謝です。合掌。

 
明けましておめでとうございます!!
新年あけましておめでとうございます。今年も楽しく健康な田中家ファミリーを何卒よろしくお願い致します。

毎年恒例の家族写真。田中家がやっと完成しました!!ちなみにもうこれ以上増えることはないです(笑)
今年の御節は下関のフク鍋セット!!田中家総勢11名で食べる食事は賑やかで楽しいです。これぞ至福の時ですね。

初詣は雪の中を慎太郎と男二人で行ってきました。例年より少ない人だったのでのんびりとした初詣ができました。
もう階段もしっかり登れるようになった3歳児。みるみる成長していく姿は本当にうれしいです。

3日は慎太郎の『新幹線に乗りたい』ということで急遽男二人でふらりと京都に。昨年オープンした京都国立博物館の平成知新館。1月3日でも開館していてとってもラッキーでした。仏教美術や日本のものが多く、慎太郎は美術品よりも階段が楽しいらしく美術館で階段を堪能してきました。

で、以前に有馬のホテルをキャンセル待ちしていたのが『本日の夕方からお部屋が一つご用意できました』との連絡があり急遽有馬に行った爺婆に連絡をして京都まで来たので有馬に行くことに。何の準備もしていないので京都伊勢丹で着替えを調達していざ有馬へ!!子供と風任せの旅は本当に楽しいですね。いつか慎太郎も風来坊になるのでしょうね。

楽しいお正月休みもあっという間に。
2015年も楽しい皆様と一緒に楽しい一年にできるよう頑張ります。今年もリゾラを何卒よろしくお願い申し上げます。

 
リトル世界旅行!!
犬山にあるリトルワールドに家族5人で行ってきました。先日テレビでウズベキスタンのタシケントの特集を見て里奈が『明日行きたい~』と言い出したので、思いついたのがリトルワールドということで行くことになりました。
お天気も快晴で朝から出発。思いのほか近く車で1時間で到着。


ここに来るのは何十年ぶり。外観もかなりの老朽化。それでも子供たちはとっても上機嫌!!妻も久しぶりの家族旅行でご機嫌。早速中に入るといろんな国の乗り物がお出迎え。

ここだけで子供たちは満足なのではというくらいのはしゃぎ様です。
モンゴルからペルー、インドネシア、イタリア、ドイツなどなど世界中の建物が広大な敷地の中に建てられています。地図を見てまずはヨーロッパに行くことにしました。ドイツのソーセージにフランスのチーズ、イタリアのジェラートもあります。イタリアはアルベロベッロの建物。そこで里奈と慎太郎はイタリア中世の貴族の衣装を着て写真撮影です。


兎にも角にもかわいい。親の方が大興奮でした。里奈はイタリア貴族に見えるのですが慎太郎は何故かモンゴルの部族にしか見えないのはどうしてでしょう(笑)
お天気が余りに良すぎて気温は33度を超える夏日。歩いていると大人でも熱中症になりかねない感じでした。だから、もう一カ国行って帰ることに。里奈が選んだのはインドネシアのバリ。
暑い中をベビーカーを押してインドネシアゾーンに到着。またまたここでも衣装を着て撮影。


さすがに里奈も限界のようです。滞在時間3時間ほどの世界旅行でした。親も子供も大満足。
 
お宮参り
 今日はお日柄もよく、我が家の優里ちゃんのお宮参りに行ってきました。近くの伊奈波神社は結婚式や戌の日ということもあり腹帯のご祈祷などたくさんの人たちが参拝に来ていました。
優里ちゃんは3人目ということもあり家族みんなお気楽なお宮参り。とりあえず集合写真を撮ってご祈祷をしてもらってきまいした。

ときどき家族が集まれる日があるのはいいですね。
寒い季節に生まれたので2カ月目にしてお宮参り。それにしても髪もふさふさでしっかりした優里でした。
田中家の新年。

 改めてあけましておめでとうございます。
今年の田中家はこんな感じで始まりました。

               +

合計11人になりました。
また田中家に新しいメンバーが加入しましたのでご紹介させて頂きます。
1月7日13時48分 3446グラム 女の子 優里(ゆり)が無事生まれました。
予定日が元旦ということだったので、待ちに待っての登場です。その分大きくなって出てきましたので、とっても元気です。家族が増えるというのは本当にうれしいことですね。
皆様に支えられて田中家もまた楽しい一年が始まった気持ちです。
今年もお仕事も遊びも全力で皆様と一緒に楽しみたいですね!!

大分親子3人冒険記!!
 あけましておめでとうございます。
昨年の書き残しを書いておきます。12月15日から2泊3日で大分に僕と子供2人で行ってきました。
毎年恒例の大分ブティックなかしまのクリスマスパーティーと別府のアフリカンサファリに行く旅行。今年は2歳になった慎太郎と4歳になった里奈と一緒に3人旅行。親も子も頑張ってきました。
今回は慎太郎が初めての飛行機でサファリパークも見せてあげたいという思いで大変なのは覚悟の上で出発。朝5時30分の電車に乗って空港まで行き、小さなプロペラ機に乗って大分へ。心配していた慎太郎は飛び立つ前から爆睡。安心していたのもつかの間、里奈が乗り物酔いに・・・
大分に着くころには僕まで酔って気分は最悪。それでもなんとかレンタカーでアフリカンサファリに到着。少しは元気になった里奈ととにかく元気な慎太郎。ゾウ、キリン、ライオン、ヒグマにシマウマ、トラもヒョウも動物園では味わえない臨場感。

里奈も慎太郎も大興奮。1日目はこの先のことを考えてホテルに早めにチェックイン。夕食をホテルで済ませて、早めに就寝。
2日目は慎太郎が中耳炎。耳から膿が出てきたので、午前中の予定を変更して耳鼻科に行くことに。僕も大変だけど、連れてこられた子供たちも大変だ(笑)それでも行く先々の人に助けてもらえて、トラブルが起きてもなんだかご縁だな〜なんて思いながら対処していました。
ホテルの近くの商店街を散歩して、夕方からのパーティーに備えてお昼寝。子供のペースで生活をしてみるとなんて優雅なのでしょう。
夜はなかしまジョイフルナイト。パーティーというものを教えてもらった僕にとってはパーティーの聖地です。お客様も、スタッフもみんな毎年楽しみにしている方々ばかり。これも30年以上続けているというからすごい。社長の思いがこもっているからこそ続き成長していくパーティーです。ビジネスを通して出会ったご縁を楽しみ、感謝するそんな思いが伝わってきました。

子供たちにもいつか出会いを感謝できるような人間になってほしいと思いつつ毎年はるばる大分までお邪魔させてもらいました。
いや〜それにしても母親なしでの旅行はやっぱり大変でした〜。里奈も慎太郎もよく頑張った!!