<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ヨーロッパ出張 | main | ミラノレポート >>
ミラノレポート
ミラノ一日目。今日は車でマッジョーレ湖やボルゴセージアの方にドライブ兼ビジネス。朝一番にレンタカーを借りて北西に100キロほどのところにあるマッジョーレ湖を目指します。ブランドがどんな環境で作られていることを見ることでブランドの背景にあるものが見えてきます。モノづくりにはとっても大切な部分なので、最近は敢えて遠出をして見に行ってきます。思わぬ発見や出会いがいっぱいあります。
天気予報ではあいにくの雨となっていたのですが、なぜか快晴。ミラノから1時間30分ほど車を走らせるとマッジョーレ湖が見えてきました。有名なコモ湖とはまた違った雰囲気です。朝の日が湖面を照らしてなんとも優雅な朝です。

こういうところで作られるお洋服にはやはりこういう優雅さが漂ってくるのです。ファストファッションとは違う味がこういうところから生まれることを最近わかってきました。だからその土地の空気を吸いにはるばる行くのです。こういうことを教えてくれた大分の真実さんもこの土地の優雅さに魅せられていました!!
お仕事の合間のお食事がまた遠出の楽しみです。今回はBORGO SAN GIOVANNIという町場のレストラン。リゾートエリアに近いこともありとってもおしゃれな雰囲気のレストランでした。

ピザとフリットを注文。これがとっても美味しくてあ〜イタリアに来た〜と感じさせてくれます。おいしい食事を食べながら、きれいな湖を見て作る服と思うだけで優雅な気持ちにさせてくれます。
もっとのんびりしたいのですが、時間に追われるように次の地に!!今度はカシミアの聖地ボルゴセージアに。
車で40分ほど走ったところにセージア川が見えてきます。この水が世界最高級カシミアの源なのです。繰り返しますがファストファッションにはまねできない部分がこういうところなのです。その土地でしかできない。まさに自然の力なのです。この部分を感じ始めるとファッションとは何なのだろうかと考えてしまいます。いつの間にかファッションとは半年で価値が下がっていくファッションになってしまいました。実際には価値が上がっていくものなのです。何故なら自然が失われていくことで自然の産物に希少性が出てくるからです。だから高級カシミヤは本来値が上がっていくのです。エコとはまさにこの自然の価値に気が付き大切にし楽しむことだと思います。だから僕は敢えて皆様に値段は安くはないですが素晴らしいものをお伝えしていくお店にしていきます。節約をすること、安い物を買うことがエコではないのです。自然の恵みの価値をしっかり認め、楽しみその対価を払うことでその自然が護られていくのです。安くすることで最終的な被害者は自然なのだとここにくると感じさせられます。素晴らしい物がやっぱり好きなだけなのですけどね!!

一日しっかりドライブをしてイタリアの大地を満喫してきました。
ミラノに戻りホテルのメインダイニングで夕食。久しぶりに会った岐阜の母と大分の母が並んでとっても楽しいディナー。

メニューが出てきているのに、メニューにない『カプレーゼ』、野菜のグリルと好きなものを注文。それでもおいしいレストランはしっかり期待に応えてくれます。




手打ちの生パスタもモルトボ〜ノ!!疲れを癒してくれます。最後のデザートは、デザートメニューを頼んでおきながらメニューにないアッフォガート。するとサービスのお兄さんが『シェフができないと言っております』すると真実さんが『小さいアイスクリームとエスプレッソを下さい』とどうしても食べたい真実さんに僕は吹き出してしまいました。するとサービスのお兄さんがアフォガートにして持ってきてくれました。さすが高級レストランの対応。こういう臨機応変さに感激です。

結局彼の名前をアッフォガートと名付けてしまいました(笑)
明日はミラノの街中をチェックします。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/362
TRACKBACK