<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ミラノレポート | main | ミラノレポート >>
ミラノレポート
今日はあいにくの雨。雨のミラノは何年ぶりかな〜。朝食を済ませ貴重なフリーの一日を堪能する予定です。
まずはアルマーニシーロスというアルマーニの博物館をご案内。ここは昨年開催されたミラノ万博の開催の頃に合わせて作られたアルマーニの歴代コレクションが展示してあるのです。建築はアルマーニお気に入りの安藤忠雄さんによるものです。前回行ったときにあまりに衝撃的で、一人興奮して写真を撮り続けました。土砂降りの中行くとまさかのクローズ。僕としては頭真っ白。とりあえず急遽10コルソコモに行くことにしました。
10コルソコモには毎回来ているのですが、『とにかくファッションが好き〜』と叫びだしそうなお店なので勉強になります。


ここはデザイナーのクリエイティビティーの宝箱のようなところです。こんなもの簡単にできそう。と思うけど、いやいやそれは答えを見て問題が解けた気になるようなもの。デザイナーたちの生み出すアイデアはすごい価値なのです。なんでこんな高いのと思うものもあるけれど、ファッションってやっぱり高い物なんです。平らな生地をこんな形にまでしてしまうのですから想像以上に発想と人の手がかけられているんです。デザイナーと洋服を通して会話をすると思うと決して高くない。そう気が付かせてくれるお店が10コルソコモ。ここにいてもどうしてもアルマーニシロスを見せたくて調べたらなんと平日は9時で土曜は11時からオープンしていると発見。お天気は土砂降りですが心はすか〜っと晴れた気持ちでとっても嬉しくなっちゃいました。
コルソコモの近くにある食材デパートのイータリーもやっぱり覗かないとということで、寄り道。

試食だけでお昼が済んでしまいそうなくらい!!順子さんも美味しいサラミを食べて満足気です。ワインガ欲しそう〜!!

チーズおじさん。いかにも美味しそうです。

朝のアルマーニシロスに空振りをしたので、スケジュールが押してしまい、みんなはタクシーでアルマーニシロスに行ってもらい僕は一人で街にお買い物。まずは甥っ子に頼まれたACミランのユニフォーム!!やっぱり本場の物を小さい頃から味あわせてあげねば。子供の成長とともに、今まで行くことのなかったところに行くようになります。これも子供のおかげかな!!

今回ミラノ3日目にしてようやくドゥオモにご対面。

雨のドゥオモもなかなかいいです。一人になると身軽に動けるので急にペースアップ。雨の中歩きに歩き体がヘトヘト!!それでも町中のおしゃれさんを見つけたり、美味しそうなものを見つけたり。


3時間ほどの時間もあっという間に過ぎちゃいました。
一旦ホテルに戻り、アルマーニシロスに行っていたみんなと合流。とっても感動して帰ってきたので僕も嬉しくツアーガイドの気持ちです。
夜は大好きなYOSHI FUNABASHI夫妻と大好きなアラコリーナピストイーゼでお食事です。



ワインを飲んだらいつも最後は眠ってしまう芳さんも今日はとっても元気!!フリット、カニのパスタにコトレッタミラネーゼ!!最後の〆はティラミス―!!美味しく、楽しい時間でした。芳さんの次回のコレクションのお勧めはキャメル=ラクダです。カシミアとは比べると少し重量感はあるのですがその艶と柔らかさはさすが高級テキスタイルです。らくだはどうしても動物園か砂漠にいるイメージが強く、荷物を運ぶ労働者と思われがちですが、実は高級素材。保温性に優れ弾力性があるので、ウールやカシミヤのように使っていてもへたってしまわないのです。生地に使われるのはフタコブラクダ。何と言ってもマイナス40度の環境で生きていける動物の春に脱毛した毛を使うので貴重品なんです。自然の恵みなんです。リゾラで3月24日〜26日にご覧頂ける予定です。
楽しい時間はあっという間に過ぎもう明日はスカラ座でバレエ『ドンキホーテ』を見てから飛行機でパリに向かいます。

 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/364
TRACKBACK