<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< さみだれの趣向 飾花の会 | main | さみだれの趣向 本番当日 >>
さみだれの趣向 飾花の会

飾花の会 花会前日は生徒と先生総出で明日からお越しいただくお客様の為の準備。今回は若者の男性ということで力仕事を始めいろんなところで参加させて頂いております。それ故、会への思いもひとしおです。

棚のお花は八重の芍薬ですが、多分当日には散ってしまうので入れ直そうということに。また花入れの大山蓮華も。

バゴタも最後のお部屋でお客様のお見送りする準備万端。

の準備は終わりいざ明日の本番。本日は快晴だけど明日は雨模様。会が成功することを祈って本日は解散。

早速京都観光に!!鴨川食堂の脚本家、葉山真理さんに急遽ツアーガイドを無茶振りする親分たち!!

まずは将軍塚に!!坂上田村麻呂が京都を見はらした所からの景色は格別でした。そして、吉岡徳仁によるガラスの茶室。とってもきれいだけど、中は絶対に暑いだろうな~と思いながら散策。青蓮院の青不動尊も参拝してすっかり修学旅行気分。次は方広寺で家康が豊臣家を討つ理由にした『国家安康』『君臣豊楽』の文字の刻まれた鐘楼を見学。

時間が16:30を過ぎ、もうお寺は閉まっているから神社に!!とタクシーのドライバーが言われて初めて気がついた!!お寺は閉まるけど神社は24時間お参りできるんだ〜。ということで伏見稲荷に。

この入口にいる2体の狐さんが口にくわえている鍵と玉。これが何と鍵屋〜玉屋〜の名で有名な花火師の屋号の由来というからおもしろい。至る所に歴史の息吹を感じられる京都。

京都観光を終えてさあ明日の本番に。

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/370
TRACKBACK