<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さみだれの趣向 飾花の会 | main | フィレンツェレポート >>
さみだれの趣向 本番当日

朝、着物を着せてもらいいざ会場へ。朝8時30分頃に会場入り。棚の芍薬はなんとか頑張って咲いていてくれましたが、もう限界という感じ。大山蓮華は先生が予備の小ぶりの物に差し替えて、芍薬はそのまま行くことに!!僕としては会の途中に散ってしまうのではとひやひや。

みんなで毛氈のほこり取りをしてさあ本番。10時のドアオープンの声とともにたくさんのお客様に雨の中ご来場いただきました。

僕はまるで茶坊主になったかのように床の間のお軸の前に座り込み、お軸と花入れの解説係になりきっちゃっていました。

10時から16時半まで、いろいろなお客様にお話をさせて頂きました。まるで講談師かのように。でも一日このお軸とお花の前に座っていると、何だか歴代家元と会話でもしているかのような変な感じに襲われました。8歳で養子に迎えられた10代吸江斎の8歳の書。

『松に古今の色無し』という家を継ぐという決意漲る言葉。

そんな思いを語っているうちに何だか目頭が熱くなってきてしまうほどでした。

知らず知らずの間に時が過ぎ、気がついたらもう最後のお客様。なんと783名もお越し頂いたなんて、さすが栗崎先生。

栗崎昇の世界を垣間見れるということで日本中から人が押し掛けてくるなんて本当にすごい。雨が降っていなかったら1000名は超えていたのでは。それにしてもうまく人が流れてくれたので想像以上にうまく進みました。みんなその道のプロたちが集まっているので手際の良さは天下一品。受付をかの稲葉賀恵さんがやっていたり、栗崎先生自らやってみえたようで、本当に素晴らしい会になりました。会を終え関係者一同の高鳴る胸の音が聞こえてくるようでした。本当に素晴らしい会にどっぷり全力で挑戦できたことに心から感謝しました。

それにしても皆様なんとお綺麗なんでしょう!!

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/371
TRACKBACK