<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アッシジ・フィレンツェレポート | main | ミラノレポート >>
フィレンツェ・ミラノレポート

日曜日なのでお店は休みかもしくは遅めのオープン。お天気も素晴らしいので、フィレンツェ全体を見ることができる見晴らしのいいところに行こうと考え、アルノ川を渡って対岸の丘に登りました。そこはバルディーニ庭園という貴族の庭園。此処から見下ろすフィレンツェの町並みは絵葉書の世界。

かつての貴族は美しい物を見ていたいという美意識がは高かったのですね。こういう貴族がいてくれたから後世でもこの家は皆から感謝されるのでしょうね。貴族の鑑ですね。

街に戻りウフィッツ美術館でも行こうと思いながら歩いていると広場にGUCCI MUSEOの看板が目に入りました。

そこに併設されているカフェで朝食。『グッチで朝食を』だなんて思いながら頂きました。最近ファッションブランドが自社のアーカイブを展示する美術館が流行っていますが、ここは2011年にオープンしており先駆けです。メディチ家の宮殿の中にグッチの変遷を見せてくれる此処のコンセプトは『FOREVER NOW』。まさに時代を超える美しさの追及を目指す姿です。

今でも欲しくなる物ばかりです。3フロアの美術館ですがなかなかの見応えです。ちょっと立ち寄るのにちょうどいい大きさの美術館でした。

フィレンツェも堪能したのでちょっと早めに荷物をもって駅に向かいました。もしかしたらまた、早い電車に乗れないかと思って。

今回はミラノまでフレッチェロッサという新幹線みたいな電車で行きます。その特等席を予約してみました。お値段は新幹線の自由席とほとんど同じくらいです。なのに駅には専用ラウンジがあり、席は一車両の半分ほどを8席だけで占有し食事やドリンクサービス付きです。

なんだか飛行機のファーストクラスに乗っているようです。ちょっと言いすぎですね(笑)でもミラノまで1時間40分。気が付くと着いていました。何よりよかったのは電車の中で安心して眠れるのが良かったです。何せ先頭車両で特等席の8名以外はその車両に入ってくることもなく安心でした。

こうして無事ミラノに到着!!家に帰ってきたような安堵感を感じました。さらにイタリアに詳しくなった気分です。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/375
TRACKBACK