<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 飾花の会 京都庭園製作所 | main | 東京 お花お稽古 タイフーンナイト >>
リゾラ20周年&社長就任パーティー

お陰様でリゾラも20周年を迎えることができました。そして母から社長もバトンタッチしました。そのお披露目という事で岐阜都ホテルでパーティーをさせて頂きました。お客様、メーカー、ブティック仲間などなど東京、三重、大阪、福岡、大分と日本各地から集まって下さいました。こんなに多くの皆様に集まって頂ける機会は滅多にないので、僕のできる最高のおもてなしを考え、思いついたのが10年来のお花を教えて頂いている栗崎昇先生にお願いして会場のお花を生けて頂くことでした。エリザベス女王が来日した際に英国大使館で開催された晩餐会の飾花を担当されたり、ヴェルサーチのファッションショーの挿花をされたり、劇団四季の舞台美術を担当したり、ベルギーのフローリストのダニエル・オストが師匠と公言するくらい。そんな栗崎先生にまさかの『OK』を頂き岐阜にお越し頂きました。

前日からお越し頂きホテルで準備。花材はパーティーの当日に京都の花政さんが車で届けて頂き、早速活けこみ。

花を生けるというのは本当に体力を使います。先生は普段はお花とおしゃべりをしている感じですが、今日はお花たちに『しゃんとしなさい』と喝を入れている感じ。一緒に僕も喝を入れられて『はい。頑張ります』という感じです。花政の井上さん、助っ人の西山さんが先生を阿吽の呼吸でフォロー。お陰で素晴らしいお花をご用意して頂けました。

深山南天、シャクヤク、スプレー菊などなど。栗崎先生のお花が会場を一気に包み込んで下さいました。いつか先生にお花を生けに岐阜に来てほしいな〜という夢が現実になるなんて。本当に幸せでした。お花ももちろんですが、栗崎先生とゆっくりおしゃべりする時間ができたこともとっても嬉しく、とっても勉強になりました。

外にはリッツカールトン東京の紅茶をデザインしているデザイナー和田了さんがお祝いにデザインして下さいましたメディアボード。

都ホテルやメーカー各社またお客さんなどなどから届いたお花たちも一緒に盛り上げてくれました。パーティーが始まる前から泣きそうなくらいうれしかったです。

パーティーには三喜商事蠡緝充萃役社長の堀田康彦様もお越し頂きさらにスピーチまでして頂き、緊張と感激でいっぱいでした。母のスピーチも自分のスピーチも全く聞く余裕なし。そこに僕の生まれる前からのお客様のスピーチ。母とは本当の親子以上の関係でお互い言いたい放題の毎日ですが、信頼というものがしっかりできています。人生においてここまでの関係ができる人に会えたことだけで幸せです。そしてお客様とここまでの関係を築ける母はやっぱり凄い。うらやましい限りです。

そして、僕の自慢の親たちも勢ぞろい。岐阜に来てもらったのは結婚式依頼。本当に人のご縁というか本当の家族のようでありがたいです。

リゾラのイベントを支えてくれているピアニストの碓井俊樹さん、オペラ歌手の岡部夫婦とみんなが盛り上げてくださいました。

もちろんスタッフもテーブルセッティングから受付などリゾラ一丸となって今回のパーティーを実現してくれました。

感謝してもしきれないです。でもこの会を通してとっても縁が深まったように感じました。お洋服屋という仕事を通してスタッフ、お客様、取引先、いろいろなご縁を頂いております。こんな風にお仕事を続けられるよう頑張っていきます。

皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/395
TRACKBACK