<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 京都にふらり | main | ミラノレポート >>
AGNONA イタリア大使館

東京のイタリア大使館で開催されたアニオナのイベントに参加してきました。

リゾラがお取引させて頂いている三喜商事はアニオナを取り扱い始めて55年。現在の三喜商事会長が戦後いち早くヨーロッパに行き開拓してきたブランドの一つ。その頃はアニオナもまだ創業して間もない頃で、白と黒の糸しかなく、白と黒とそれを合わせたグレーの生地だけだったそうです。そんな頃からアニオナの魅力を見出していたのです。やがて、ディオール、バレンシアガなどパリのクチュリエたちにその繊細な生地は気に入られ一躍トップテキスタイルメゾンの仲間入り。ジバンシーにミラショーンにエルメス、シャネルといったビッグブランドもお得意様。そんなアニオナを日本に紹介し続けているのが三喜商事です。リゾラも以前からアニオナは少し扱っていたのですが、3年前にアニオナの創業の地でもあるピエモンテのアニオナ村に行ったのがきっかけとなりアニオナを本格的に仕入れるようになりました。高級ではありますがその美しさに魅せられてしまいました。

今回のアニオナのイベントが開催されると聞いて、まだ会場の候補としてイタリア大使館が選ばれていた段階で『絶対イタリア大使館がいいと思います。イタリアのアニオナと日本の三喜商事がともに歩んできた歴史を今の社長とデザイナーに伝える場所にして欲しい。それにはイタリア大使館が最高の場所です』と熱弁をふるってしまいました。僕の小さな声が聞こえたのかどうかは分かりませんが、イタリア大使館に決定。そしてアニオナの歴史も展示することに。アニオナを愛用してくれているお客様に絶対見てほしかったのと、リゾラスタッフにも見せたくて総勢13人で伺いました。

大使館のイベントという事もありみんな一段とオシャレをしてきてくれました。しかもアニオナを入れてきてくれたからデザイナーのサイモンホロウェイも社長のカッラもとっても喜んでくれました。

会を主催する側と招かれる側がお互いに気を遣うことでお互いが楽しくなり素晴らしい会になります。まさにファッションの流儀ですね!!


ファッションショーもモデルをお洋服1スタイルごとに1人、総勢25名という贅沢な演出。アニオナの美しさを惜しみなく見せてくれ、ラストは全員が登場する圧巻のファッションショーでした。

ショーの後はイタリア大使館を満喫。ここはかつて松平隠岐守の中屋敷で忠臣蔵の赤穂四十七氏の十名が切腹したところ。その後は総理大臣松方正義の自邸に。松方正義の子供がかの有名な松方コレクションの松方幸次郎です。ヨーロッパ文化と日本の文化をつないできたご縁が脈々と続いているかのようです。

こんな素晴らしい会を開催してくださったイタリア大使、アニオナ社、そして三喜商事に心より感謝を申し上げます。

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/401
TRACKBACK