<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パリレポート5 | main | 栗崎昇先生 花教室  >>
パリレポート6

パリの朝は結構遅く7時ではまだ暗く、9時くらいから行動開始。もう明日は日本に帰国。今日は一日しっかりお仕事です。まずはお約束のボンマルシェチェック。

銀座シックスはボンマルシェを手本にしたのかと思っているのですが、アートとファッションを一緒に発信する百貨店。どうもトレンドはベーシックなエレガントカジュアル化からカラフルなファッションに移行してきている気がします。楽しいファッションがもうすぐ来そうな予感です。

続いてマレ地区を探検。今回は雑貨を探しにアトリエ周りです。パリはミラノと違って芸術肌の雑貨屋さんが多く、手作りの香りがするので大好きです。マレ地区はヨーロッパらしい放射状の道で方向感覚が本当に難しい。気が付くと同じところをくるくる回ることになってしまいます。それでも、僕のお仕事は足で稼ぐお仕事。何かないか何かないかと目を凝らしながら歩いています。おしゃれなお店。おしゃれな人。おしゃれな商品。いろいろです。今回パリを歩いて感じたとはとにかく自然派が増えたことと、何屋かわからないお店が増えているという事。お花屋さんかと思ったら雑貨屋でお洋服まで売っていたり、お洋服屋さんかと思ったらキッチン用品まで売っていたりとみんなあの手この手で頑張っているのが伺えます。

それにしても大量のショッピングバッグを下げて歩いている人はほとんどいないですね。ちょこちょこ買いが流行っているのかも。まあサントノーレの高級エリアに行けばこれまた違った雰囲気になるのですけどね。それにしても癒し系が多いです。健康志向も世界的流行のようです。

マレのアトリエショップで可愛いフェルトのアクセサリーを発見。何気ないけどフランスの香りがします。

ちょっとしたプレゼントにいかがですか〜。

一日しっかり歩いたのでフランス最後の夕食はエピキュールのシェフエリックフレションが監修するサンらザール駅内のレストラン。

さすがの僕でも一週間ヨーロッパで食事をした最後のこれはギブアップ。

明日の夜日本に向けて出発です。

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/407
TRACKBACK