<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パリレポート6 | main | クルーズデビュー 1 >>
栗崎昇先生 花教室 

今日は花あしらい最期のレッスン。先生の高齢の為、教室という形では今日が最後。教室に向かう道中ずっと思い出を振り返っていました。

僕が栗崎昇先生の教室に通うようになったのはかれこれ11年前。アンティークジュエリーの菊池マダムに連れていかれたのがきっかけでした。お花を習うことも初めてだし、セレブの世界に行くのもびくびく。何も分からず来た子供って感じでした。そんな僕でもマダムの紹介という事でとっても可愛がって頂いて、お稽古の後はよくご飯に連れて行って頂きました。無口な先生との食事は少しの言葉と沈黙それが僕にとってはとっても居心地のいい時間でした。先生のおしゃべりを聞けるだけでうれしくて、プランタンオーナーの話やスティービーワンダーの話、蜷川幸雄さんにスピルバーグにとすごい人たちが話に出てくるからもういつも『へ〜』しか答えていなかったような気がします。

お花のお稽古では、『花とおしゃべりをしながら活ける。』『お花同士がしゃべっているかのように活ける。』最近何となく先生の言うことがわかってきた気がします。お花と向き合うとお花と自分だけの世界になれるような感じです。

先生のお茶席の設えも大好き。どんなすごいお道具でも栗崎先生にとっては栗崎空間の一部に溶け込んでしまい、空間全部の美しさにお道具の肩書を忘れてしまいます。洋も和もなく、ルールは美しいかどうかとストーリーに合うかどうか。先生の設えにはいつもストーリーがあるように感じました。まるで作家というか演出家というか監督ですね。お道具それぞれが一つのお話の役者さんのようです。

栗崎先生については語りだしたら語り尽くせないですが、いい師匠に出会えることほど人生において素晴らしいことはないと身をもって感じております。

お道具との関係も、決して自分の物ではなく預かりものであるという事を教えて頂きました。僕もいつかそんなお道具を預かれるご縁を頂けたらと精進しております。

思い出の最後はやはり先生の言葉『とかく花のいのちは短い』まさにすべてに通じる僕にとって最高の教えです。

 

とにかく色々頭のなかを駆け巡って教室の門の前まで来ました。

 

中に入ると少しは元気そうな先生とまだまだ元気な真実さん。

面白いツーショット。

今日の花材は秋。ヒペリカム、木苺の紅葉した葉、孔雀草、女郎花、菊、鶏頭、小判草、吾亦紅、手毬草という感じ。

先生のお手本は

秋ですね。枯れ行く花の美しさもいいものですね。

僕のお花はこんな感じ。最後という事もありじっくりお花と向き合いました。本当に素晴らしい時間を頂けて心から感謝をしております。学校の卒業のような気分で門出をしてきました。

次の世代として頑張らねば!!

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/408
TRACKBACK