<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ミラノレポート3 | main | パリレポート5 >>
ミラノレポート4

ミラノ最終日。思いのほか順調に仕事?遊び?をこなし余裕のある朝。

お客様から『ベルトのバックルを探してきて』とかなりピンポイントな依頼のメールが届き、のんびりモードから一転。

こういう難題がコンシェルジュ魂に火をつけます。ネット、知人、などなど情報ネットワークを駆使しても意外と難しい。『ベルトを買ってきて』ではなく『ベルトのバックルを買ってきて』はだいぶ違います。今日は金曜日なので今日中に見つけないとお店が休みでさらに困難になります。ミラノのデザイナーから手芸屋の住所を教えてもらって行ってみると、とっても小さな5坪くらいのお店。レースのリボンから裁ちばさみに針などなど所狭しと置かれています。片言のイタリア語と流暢なボディーラングウェッジでお店のおじいちゃんに聞くといくつか出てきました。ベルト幅があるので選択肢は2つに絞られました。お客さんの顔を思い浮かべながら決断。とりあえず一つゲット。しかしお客様は選ぶ喜びも欲しいだろうと思いさらに、ミラノ在住のデザイナーに聞くとアトリエにあるものなら分けてくれるというので、電車に乗ってアトリエまで。

電車一つ乗るにも要領がわからず戸惑います。自動改札で切符を通そうとしたら切符は全てダメでスイカのようなICカードしか通れない。そこであきらめないのがコンシェルジュ。無人をいいことに扉のない改札を通って電車に乗車。2駅なのでと思っていたらまさかの車掌がチェックに。みんなICカードを渡してチェック。僕はあえて改札を通っていない切符を車掌に見えるように持ってポーカーフェイス。すると僕の隣のお客さんが車掌と何か言い合いに。すかさず僕は路線図を見るふりをして席を立ちその場を交わす。

ミッションインポッシブルのトム・クルーズになった気分でした。

無事デザイナーのアトリエに着くとまたもう一つバックルをゲット。どうもイタリアでは会社の税金番号を持っていないと買えない服飾資材のお店が多いとの事。そうやって業界と価格を守っているんですね。何でもかんでも便利に安くすればいいってものじゃないんですね〜。まずは一つミッション完了。こういうお客さんの『欲しい』からいろいろと経験をさせてもらって僕は育てられているんです。

ミラノの中心部にもどりやっぱりミラノに来たら個々のマロングラッセは外せません。

毎回お決まりの様に『ひとつ試食させて』と。店員さんもさすがに覚えてくれていていつものことの様に一つくれます。もちろんたくさんお買い上げしましたよ(笑)

少し時間ができたので、前から気になっていた免税の返金方法を実験。ヨーロッパでは日本でいう消費税の一部が空港で手続きを行うことで変換されるのですが、買ったお店によっては『CASH ITARY ONLY』となっています。一般にはクレジットカードに返金してもらうようにするのですが、毎回来る人にとってはユーロを現金で返してもらった方がありがたいのです。クレジットに戻されると為替手数料と事務手数料を払ってまた次回行くときに、ユーロを買うのにも銀行で手数料を払うのはとてももったいないからです。免税手続きはEUの最終出国地でされるので僕の場合はパリ経由の為フランスで行います。しかしCASH ITALY ONLYでは現金でもらうことはできないのでこれを何とかできないかというのが今回の実験の目的。

ミラノのドゥオモの横にある百貨店リナシェンテにある免税オフィスに行ってみました。ここはリナシェンテで買ったお買い物を一日分まとめて免税書類を作成してくれるところです。実はここで事前返金ということができるらしく検証に行ってきました。CASH ITARY ONLY と書いてある先日行ったミラノのブティックの免税書類で実験です。パスポートとクレジットカードと免税書類でいとも簡単に。手数料も一切ないのでびっくり。21日以内にEU最終出国の際の税関で処理をしないと返金した分をカードから引き落とすとのことだけどOK!!OK!!ついに長年の悩みがクリアーできました。小さなことだけど(笑)

ヨーロッパ出張の際は必ず芸術鑑賞の時間を作るのですが今回はスカラ座もパリオペラ座も見たい演目がなく、何かないかと思っていたらカラヴァッジョの垂れ幕を発見。次のアポまで45分あるので迷わず入館。

カラヴァッジョという名前は知っているけど詳しくはよく知らない。バロック時代の画家。とりあえずミーハーで見てきました。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ 『聖ウルスラの殉教』  ほ〜 へ〜 です。

宗教画は無知の僕には敷居が高いのですが魅せられるものがあります。フランダースの犬で最後に出てくるルーベンスの絵もありました。こちらは何故か撮影禁止だったので遠くからこっそり。でもすごい躍動感がありました。馬の目が生きているようでした。

芸術鑑賞を終えて急いで次のお仕事に。

次の秋冬のカシミアの発注です。最近は中国の影響もありカシミアが高くなっていてブランドはみんなウールを使わないと価格が合わないためウールの商品が増えています。でもやはりカシミアはカシミアです。しかもONE'Sはロロピアーナのカシミアを使い、シルクカシミアはカリアッジとこだわっています。ジョバンニも相変わらず頑固です。僕の発注はとにかく明るい色。今回は赤系をメインに発注しました。これは街を歩いて感じた色が今回は赤だったからという思い付きだけで決めています。

ベージュと組み合わせても、グレーや黒と合わせてもいい感じ。ネイビーだってもちろうOK

ジョバンニとの仕事はもう慣れたもので仕事もスムーズに片付きました。

とりあえず今回のミラノはこれでおしまい。最後はやっぱりアラコリーナピストイーゼ!!

もちろんコトレッタミラネーゼ!!明日からパリです!!

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/415
TRACKBACK