<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< B・Lounge イベント ご案内 5月31日〜6月2日 | main | Antonini in la casa di M >>
B-LOUNGE 展示会

la casa di M が3日間限定の靴&バッグのお店に見事に大変身しました。

今回はフィレンツェで作られている靴とバッグのブランドB-lounge。

シューフィッターの和田さんが提案する靴の楽しみ方と育て方にみんな引き込まれていくのを体感して頂きました。

前日までリサイクルブティックだったのがあっという間にイタリアンシューズ&バッグサロンです。

パイソンを中心としたラインナップのアイテム。そのパイソンも名門タンナーCARAVEL社製というからびっくり。Jimmy Choo、GUCCI、Louis Vuittonなどが愛用するタンナーです。その革はまさに職人の作品です。そんなシューズやバッグがはるばる岐阜に来てくれました。

お値段もビッグブランドのことを思ったら半額以下です。いい物好きにはたまりません。

リゾラでは楽な靴ばかりをお勧めしてきましたが、楽とは何だろう。おしゃれと楽は反比例するのか。という根本から頭をリセットさせてくれるイベントでした。

お客様と話していると外反母趾やアーチの崩壊などなど足のお悩みがいっぱい。そんなお悩みに和田さんがしっかりと答えくて下さいます。こだわりの中敷きもちゃんと見えないように内側に貼ってくれるからまさに職人技です。

和田さんのは『靴は素足で』がモットーです。

日本のマダムたちにはなかなか難しいご提案。それでも素足で履くとみんなから驚きの声が出ますが、やっぱり何か履かねばという方にはメッシュのストッキングをお勧めしてみえました。

 

『ストッキングを履いては靴と足の間が滑るからダメ。』

『靴の中で足が動く状態で歩くからいろんな痛みが出るのです。』

まさにごもっとも!!

『滑り止め付きのストッキングは?』

『ストッキングと靴の間は滑り止めが付いているけどストッキングの中で足が滑っているから意味がない。』

なるほど!!

『どうしても履くなら、メッシュのストッキングにしたら足裏が靴に接するので滑らない』

 

リゾラのスタッフもお客様も『ガッテン!!ガッテン!!ガッテン!!』

まず靴のサイズ選びもとっても重要です。小さければ痛いから大きめを買われる方が多いけど、大きいと靴の中で足が動いてしまい靴擦れや疲労の原因になります。何より足のサイズはとても変わりやすいので、いかに馴染ませるかが大切なのです。初めから履きやすい靴よりしっかり馴染んでくれる靴を探してください。その方が長く履けます。

 

さらに和田さんは靴やカバンのケアの仕方を丁寧に教えてくださいます。

 

僕もいろいろな靴を持ってきてピッカピカにしてもらいました。

靴やバッグを好きになるにはやはり手入れも知らないと。

 

最近の小売りはモノを売ることだけに力を入れるけど、お手入れもとっても大切です。物を大切にするから生まれる品というか輝きというか。実はそれこそがその人を美しくしてくれる。靴磨きは人磨きです。そんなところまで勉強になった今回のイベントでした。また次回を楽しみにしていて下さい。

いつの間にか容子の靴箱に2足お嫁に来ておりました。

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/423
TRACKBACK