<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リゾラ旅俱楽部アドリア海クルーズ | main | リゾラ旅俱楽部クルーズラヴェンナ >>
リゾラ旅俱楽部クルーズ▲凜Д優張ア

僕が一年半練りに練ったツアーの始まりです。皆様に喜んで頂けるよう精一杯頑張っていきます。今回は総勢10名のグループで思いっきり遊んできたいと思います。

まずは貸切水上タクシーでヴェネツィアの顔でもあるサンマルコ広場に行きます。

運河が張り巡らされているヴェネツィア。水面からの眺めはまた格別美しいです。

サンマルコの船着き場に着きドゥカーレ宮殿を見学。

アドリア海の女王とも形容されるヴェネツィアの栄華を感じられる総督邸です。

今回は90歳のお客様も一緒のおかげでエレベーターを使わせてもらえました。サンマルコ寺院も前だけですが見てヴァポレットというヴェネツィアの公共水上バスでサンジョルジオ島に渡ります。

日本出発の直前に偶然モーリスマリノの展覧会を知り、是非見たいと思い急遽スケジュールを変更しました。それが想像以上に大正解。サンジョルジオ島から見るドゥカーレ宮殿とサンマルコ寺院の美しさたるや。みんな感激でした。

20世紀初頭に活躍したマリノの作品も今なお衰えることなく輝いております。そんな彼の作品に出会えたことに感激です。

アールヌーヴォーのエミールガレ、アールデコのルネラリックなどに隠れて知名度は低いモーリスマリノ。しかし、先の二人は量産されているのに対しマリノは一点物の芸術作品ばかり。故に数も少なくまた手の温もりを感じさせる作品です。駆け足ですが見れてよかった。

水上タクシーに迎えに来てもらって続いてムラーノ島に行きランチ。

ヴェネツィアの網の目のような水路を抜けてムラーノ島まで40分ほどのクルージング。かつてガラス制作の技術が外に出ないようにと閉じ込められた職人の島。どこを見てもガラスのお店ばかり。今では土産物ばかりのようで値段もかなり高めに感じます。時間があるならしっかり調べていくことをお勧めします。

ランチは島の先端にあるヴェルススメリディアネム。海に面した景色のいいトラットリア。みんなで色々注文してワイワイしゃべりながら食事をするだけでもとっても楽しいひと時です。ムラーノ島を少し散策してホテルに戻りついに今回のクルーズ船Seven Seas Voyagerに乗船です。

乗船券やパスポートを出し手続きを済ませいざ乗船。みんな胸が高鳴ります。僕もみんなに喜んで頂けるよういざ出港という気持ちで緊張とわくわくがこみあげていました。

 

無事乗船して、まずはお部屋に入り、荷物をすべて開けて8日間楽しむための部屋作り。

夕食はプライム7という予約制グリルでステーキ。

 

明日は世界一美しいモザイクの街ラヴェンナです。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/445
TRACKBACK