<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リゾラ旅俱楽部クルーズドブロヴニク | main | リゾラ旅俱楽部クルーズケルキラ島(ギリシャ) >>
リゾラ旅俱楽部Ε灰肇(モンテネグロ)

昨晩ドブロヴニクの街でお食事から船に戻るとお部屋がちゃんとお祝いの飾りつけ。さすがRegent Seven Seas!!

プールサイドではダンスパーティーが開催されていました。

さすがにみんな遊び疲れてダンスパーティーは僕だけで覗いてきました。

今日は世界一美しい湾と言われるコトル湾に到着です。

モンテネグロは初の訪問です。学生時代にバックパッカーでヨーロッパはいろいろ周ったのですがちょうどそのころは内戦の頃でこのエリアは近づけなかったところです。

エクスカーションはバスでロブチェン山に登って湾を望むコースに参加しました。バスに乗って行くだけなのでとってもらくちんなコースです。と思っていたらとにかく恐ろしいくらいの絶壁にある細い道をひたすら大型バスで登っていきました。山頂付近に着くとそこから見下ろすコトル湾はまさに絶景。まさにアドリア海の秘宝!!

ヨーロッパ最南端のフィヨルドのU字谷です。

コトルはとっても小さな港町でかつてはヴェネツィア共和国に属したり、オーストリア・ハンガリー帝国に属したりとバルカン半島ならではの街です。

要塞の中はまさに中世をそのまま残した街です。それでもちらっと歩いて見れば十分の広さでお昼過ぎには船に戻って船を楽しむことに。クルーズは船も楽しみの一つなのですが意外に船でのんびりする時間がないのでこういう日もとっても大事に遊ばないと。

プールで泳いでプールサイドでハンバーガーにかぶりつく。全部料金に入っているからクルーズって実は以外にリーズナブル。

今回はお茶の先生も参加して下さっているので船上茶会を開催!!

僕も一応浴衣と袴で即席半東。

袴も今回ご参加頂いているお客様に以前に頂戴したもう亡きお父様の代物。もちろん持ってくる事は言っていなかったのでとっても大喜びして頂けました。この会の為に日本から水を運んで、お菓子も用意。準備でお茶会はほぼ8割出来上がり。まあ先生がみえるので僕はお気楽なものでした。

レストランを使わせて頂きクルーズも丁度中間点で、ほっと一服。こんなことは普通のツアーでは経験できないクルーズの楽しみ方です。お客様たちにも僕の想像以上にとっても喜んで頂けました。お茶って実はどこでもできちゃう遊びというか文化なんです。だからちょっと知っているととっても世界が広がります。遊びに文化があるととってもエレガントで楽しいと考えております。こだわり過ぎないのがポイントですけどね。さらっと楽しむのがいいです。

クルーズスタッフで唯一の日本人のアキコさんも参加して頂けてとっても楽しいお茶会でした。

続いてパターゴルフ大会。船って本当に忙しい!!元気なうちに行くことをお勧めします。とにかく船旅は遊べるだけ遊べる旅行です。

 

サンセットもとっても美しい日でした。

夕食は皆でメインダイニングのコンパスローズに。

 

みんなで本当に楽しい一日です。これは夫婦だけではできない遊び方。グループで来るからこそできる究極の遊びです。

明日はギリシャのケルキラ島に寄港します。

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/449
TRACKBACK