<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リゾラ旅俱楽部Ε灰肇(モンテネグロ) | main | リゾラ旅俱楽部クルーズタオルミーナ(イタリア) >>
リゾラ旅俱楽部クルーズケルキラ島(ギリシャ)

ギリシャのケルキラ島にあるコルフに寄港します。

初ギリシャでとてもわくわくです。クルーズも中間点を過ぎ寄港地は残り3か所です。

今日のエクスカーションはアヒリオン宮殿とコルフの街を観光です。バスに乗るとまずはギリシャの特産品のお店に連れて行ってもらえました。みんなお買い物となると水を得た魚になります。

オリーブオイルにオリーブ石鹸、レモンチェッロなどなどいろんな物が売っておりました。

お買い物で満足した皆様、エクスカーションはもう終わってもいいような雰囲気ですがこれからがメインです。

ケルキラ島にはハプスブルグ家のシシーことエリーザベト王妃(1837-1898)の避寒地として建てられた夏の宮殿、アヒリオン宮殿があります。

今回のメインはこちらです。

絶世の美女と称えられたシシィ。ギリシャまで支配していたなん知りませんでした。

宮殿というよりはいかにも別荘なのですが地方の図書館くらいのサイズはあります。ギリシャの青空とすごく似合う白の宮殿。

ウィーンのシェーンブルン宮殿も素晴らしいですが、こちらもとってもオシャレ〜な宮殿です。

夏にわざわざここまで来るだけでも大変だったように思います。

入り口を入ると正面に大階段。わざわざシンメトリーにする贅沢さ。エレガントな階段です。

中でも僕が欲しい〜と思ったのがこのソファー。アールヌーヴォーの美しい曲線です。足元の細工などもとっても素晴らしい一品。

階段を上がると壁一面にとっても大きな絵が描かれています。エリーザベトがこよなく愛したギリシャ神話の英雄アキレウス。

ラテン語だとアキレス。アキレス腱のアキレスです。

トロイア戦争に勝利したアキレウスが敵のヘクトールを引き回しの刑にしている様子を描いています。人間はどの時代もどこの国も同じようなことをするのですね。英雄好きのシシィはさぞかし男っぽかった女性だったと思います。

最上階のテラスもとっても素敵です。ここはシェーブルン宮殿のような黄色があしらわれております。

そして建物の横のお庭にはアキレウスの銅像。

ウィーンの方を向いているのかな。

アヒリオン宮殿を堪能した後はコルフの街観光。さすがにもうみんな疲れたのでエクスカーションはドロップして喫茶店に。

どこに行っても喫茶店が一番落ち着く皆様!!喫茶の後はお船に戻ってのんびりするとの事だったので僕は一人街に行くことに。

財政破綻しているギリシャですが観光はとっても元気です。オリーブに関係するものがたくさんありました。

そこは古代ギリシャの雰囲気で、石畳もまた独特な風合いの石畳です。

駆け足で街を見るにはまず高いところからと思い海岸沿いの方に向かうととってもきれいなギリシャ神殿がありました。

19世紀イギリスが統治していた時代に建てられたものだそうですが、今は教会として使われていました。

その上にある要塞を汗をたらたら流しなが登った先にはとっても素晴らしい景色が広がっておりました。

僕が乗っているRegent Seven Seas Voyagerも見えました。一番手前の船です。

コルフの街もしっかり堪能して船に戻ると先に帰ったみんなはさすがみんな時間の使い方がせこせこしていません。

昼からレストランでワインを楽しむ人、プールサイドでビールを楽しむ人

優雅という雰囲気もないけど(笑)ただの酔っぱらいです。

お天気も良くサンセットがまた素晴らしい日でした。

明日はイタリアに戻ってシチリアのタオルミーナです。

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/450
TRACKBACK