<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リゾラ旅俱楽部クルーズタオルミーナ(イタリア) | main | リゾラ旅俱楽部クルーズローマ(イタリア) >>
リゾラ旅俱楽部クルーズソレント(イタリア)

ついに最後の寄港地ソレントです。なんだか後半はあっという間です。

今日はソレントからアマルフィ海岸ドライブをプライベートタクシーを手配してあります。クルーズのエクスカーションもあったのですが人気の為予約が取れなく、それなら折角なのでプライベートタクシーできままにドライブを楽しもうということに。遊び人が集まると話が早いです。なんと船に乗ってからそのエクスカーションがアマルフィ海岸渋滞予想の為に中止と聞いて、個人手配していてよかった。タクシー会社に渋滞の心配はないかと問い合わせると『いつも走っているから大丈夫とのこと』

そしてお天気にも恵まれます。サンライズとベスヴィオ火山です。

ソレントの港の沖に停泊しそこからテンダーボートです。一番のテンダーボートのチケットを確保して上陸。

海の上にいるRegent Seven Sea Voyager の姿全体を見れるのも今日が最後と思い、テンダーボートからカメラを構えたらとってもいい一枚。

ソレントの港に着くと予約していたタクシーが待機。いかにも陽気なイタリア人ドライバーのジョバンニが出迎えてくれました。

車は海岸沿いの崖の中腹をカーブカーブカーブしながら走っていきます。車酔いに弱い人は気を付けてくださいと先に注意されるくらいだからとは思っていたけど、僕なんかは助手席でカメラを構えていたので全く酔いませんでした。

ソレントから海岸線を1時間ほど走ってまずはアマルフィー海岸の高級エリアポジターノに到着。後ほどランチはポジターノを見下ろせるレストランで頂きます。

どうやってこんな崖に建物を建てたのかなと思うのとこんなにヨットやクルーザーを持っている人が多いのか!!イタリアはとってもお金持ちが多いのですね。

ポジターノを過ぎ1時間弱でアマルフィに到着。あまり時間もないので散策と思ったのですが、みんなまずは喫茶に。

ジェラートを食べたり、生絞りのオレンジジューススプレムータを飲んだり、いつものビールを飲む人も!!

何気なく入ったカフェも1845年創業。ここのむかえにあるPansaは1830年創業でこちらの方が有名店のようです!!

一休みして、階段を上る元気のある人はドゥオモを見学。

イタリアの南部の教会は時代が古いものが多く今まで僕が見てきた教会とはちょっと雰囲気が異なる感じでした。

とても力強い印象を受けました。

駆け足で見て、駆け足で1830年創業のPanzaによってナッツにレモンピールにオレンジピールをゲット。帰国後食べたらなんて

美味しいのでしょう。レモンピールとかは日本の湿気ですぐにべたべたしてくるのでお土産には難しいかも。かってすぐ頂くのが

おすすめです。次回行ったら絶対によりたい場所です。海岸のパラソルもかわいいです。

アマルフィからさらに奥に行ったラヴェッロに向かいます。ここからの海岸の景色がとっても美しいところがあるのです。

一番見たかった場所は音楽会のステージが組まれていて見れなかったですがここはお花と海岸の両方を楽しめる場所です。時間があったら是非覗いてみてください。ラヴェッロの街も小さくてかわいい街です。

渋滞も心配なので急いで、ポジターノに戻ってお食事。ジョバンニがおすすめのレストランです。

ここからの景色も最高でした。

絵にかいたようなポジターノの街が一望できるところです。

そしてどこに行っても変わらないこの光景。

お食事もイタリアのマンマの味でとっても美味しいイタリアンです。

手打ちパスタにムール貝。車酔いでダウンしていても目の前に出てきたら我慢できません!!

8:30〜15:00までびっちり遊んで渋滞に巻き込まれることもなくIACCARINO SLSのジョバンニさんのおかげ

でアマルフィーを堪能できました。

船に戻り、明日の下船の準備をして最後は皆でそろって船内レストランの中でも一番いいシャルトリューズでお食事。

最終日なのでドレスコードはなしですが、せっかくなのでみんなおしゃれしてお食事。

クルーズもしっかり楽しんで頂きました。

明日はローマで下船します。でもローマで遊んで帰ります。

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/452
TRACKBACK