<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リゾラ旅俱楽部クルーズローマ(イタリア) | main |
リゾラ旅俱楽部クルーズバチカン・ティボリ

ついに今回最後の観光です。長かったような短かったようなです。

早速とっても豪華な朝食を堪能します。さすがHotel Edenです。何を食べても美味しい。

フルーツに卵料理になんといってもコーヒーがとっても美味しい。

朝ガイドの美砂子さんが迎えに来てくれてまずはバチカンにタクシーで向かいました。

タクシーを降りると美砂子さんがお釣りを僕に返してくれたのですが、人から見えないように手に握りこんで

僕もその行動を見てスリが多いことを認識。ちょっぴり緊張しながら受け取ったお釣りを財布を出さずに鞄にそのまま握りこんで

押し込みました。行かれる方はとにかくお気を付けください。

バチカンの入り口に着くとすごい行列です。美砂子さんが先にチケットとガイドなどを全て手配して下さっていたので

僕たちは並ぶことなく入国。1929年に独立したバチカン。実はまだ90年ほどの国なんです。

奥にサンピエトロ寺院のクーポラが見えています。

今回はあまり時間もないのでバチカン美術館を駆け足で見て、システィーナ礼拝堂とサンピエトロ寺院だけを見ます。

ここに来るとキリスト教の力の凄まじさを感じます。お土産売り場でこの豪華絢爛さです。

宗教行事に使われる道具もたくさん展示してあるのですが一つ一つがまさに美術品。

象牙にルビーやエメラルドが施されています。

続いてシスティーナ礼拝堂。ここは一切撮影禁止。

ミケランジェロ、ボッティチェッリ、ペルジーノ、ピントゥリッキオら、盛期ルネサンスを代表する芸術家たちが

内装に描いた数々の装飾絵画作品で世界的に有名な礼拝堂です。圧巻です。それにしても観光客の多いこと。

続いてサンピエトロ寺院です。

ヨーロッパ各地で素晴らしい教会をたくさん見てきましたがやっぱり総本山はすごい。芸術というか権力というか

人間の技術って本当にすごい。

外に出るとついに出会えました。バチカンのスイス衛兵さん。ミケランジェロがデザインしたといわれるユニフォーム。

とってもカラフルで平和な感じがするユニフォームです。

滞在時間2時間ほどでしたがバチカンを楽しんできました。まともに見ようと思ったら最低半日はかかりそうなところでした。

美砂子さんが教えてくれた近くのお土産屋さんでお手洗いを借りていざティボリ。

ローマから車で1時間ほどのところにある街。予定より時間をだいぶ押していたのですが、ティボリの街に入るとお目当ての

レストランの近くはZTLという車両進入規制のかかったエリアで近寄れません。暑いけどレストランまで歩きです。

でもそのおかげでとっても素晴らしい景色。

ローマの水源の一つでもあるこの町にあるSIBILLAという300年続くレストラン。

昭和天皇やアームストロング等々いろんな方が訪れているレストランです。

ここからの景色素晴らしく絵になります。

ローマの喧騒とは全く違いとってものどかですがとってもセンスの良さを感じる街です。

早速みんなで乾杯。これぞ本場のイタリアン。とにかく美味しい。

海外でこうやってみんなで楽しくお食事ができるなんて本当に幸せです。

今回もみんなでお食事をするのはこれが最後です。

楽しいお食事をゆっくり頂いて、予定の時間を完全にオーバー。それでも美砂子さんが

ドライバーと交渉をして下さり、ティボリのビラデステをちらっとだけ見れるようにして頂けました。

メインの噴水までは距離があるので僕がひとり走って写真を撮ってきました。

エステ家の別荘のお庭のサイズを見くびっておりました。10分しかないのでとにかくダッシュ。

行きは下りでよいよいでしたが、帰りは心臓が破裂しそうなくらい。

写真だけでもみんなにお見せしたいと思い頑張りました。駆け足どころか全力疾走で写真を撮った割には

いい写真が取れました。(自画自賛)

これにて観光はおしまい。一路ローマに。ホテルに帰ってきて一休み。

僕は夜のオペラの時間までせっかくなのでリナシェンテに行くことにしました。

つかの間のフリータイムです。お客様と一緒にお買い物。ついつい癖でお買い物をあおってしまいます(笑)

とってもいいオレンジのスーツケースを見つけて即決め!!お買い物っていいですね。

色々お買い物をしようと思ったら母から電話が鳴り『浩二さん(父)のお財布がすられてる〜』。

最後の最後までハプニング続き!!適当に買い物を切り上げ、ホテルに帰宅。

被害額を正直に言わないあたりはやましいお金を持っていたようです(笑)

ドブロブニクに続いて2度目の警察同行の母は『もう警察には慣れたから大丈夫』と変な自信を見せておりました。

確かに滅多にできない経験をできました。

夜はカラカラ浴場での野外オペラです。演目は椿姫。

今回のツアーの締めくくりに素晴らしい時間を頂けました。旅行社のグローバルユースビューローの古木さんが

『日程が合えばカラカラ浴場のオペラの季節ですよ』と教えていただいたおかげで見ることができました。

遺跡を今でも活かして使ってしまう発想はまさにローマ。ただ守るだけじゃなくて使っていくことこそ本当の保存。

とっても楽しいオペラでベスパに乗って登場したりと現代ローマの香りもアレンジした演出。また来ているお客さんの

ドレスもとってもエレガントで楽しいです。おしゃれもまさに文化の一役を担っている感じです。

21時スタートでさすがに最後までは見ていられないので2幕が終わったところで退席しました。

入り口のところではタクシーを呼ぶ係がすでにスタンバイしておりました。

こうして楽しいリゾラ旅俱楽部はおしまい。明日日本に帰国です。

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/454
TRACKBACK