<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リゾラお花見ツアー | main | イタリアンワンピース!! >>
極小美術館
 現代アート作家の中風明世さんに連れられ岐阜の池田町にある極小美術館に行ってきました。何があるのかも聞かされずに、まず都ホテルでお知り合いの方を3名ピックアップしてから、1時間ほどかけて極小美術館へ。そこは個人の倉庫を美術館として開いているちょっと風変わりな美術館。
 どうやら今日は保田春彦という方の展覧会のオープニングパーティーとのこと。で、車に乗っているのは篠田守男という筑波大学名誉教授。保田春彦とは武蔵野美術大学名誉教授。と、なんだか錚々たる方々。
 アートの世界はビジネスの世界とかけ離れすぎていて、話を聞いても見ていても別世界の感じです。これが美しいのかという作品でも、この美しさが分からないのかと言われてしまうので、美しいですねというしかない感じ。
 今日はパーティーより何より、篠田守男氏と行きと帰りの道中お話を聞いていると本当におもしろい。御歳80歳近いかと思うけど、ファッションなどは若者に負けないくらいお洒落で話すことも、やっていることも若い。筑波大学の名誉教授というより気さくな近所のおじちゃま。
 教授曰く『悪いことがあったら次は良いことがある』とのこと。先日の大震災で駅で初めてダンボールにくるまって寝たそうです。それがあったから都庁から彫刻の注文が入ったとのこと。なんと幸せな考え方なのでしょう。細かいことに悩んでいるのが馬鹿らしくなりますよね。(笑)篠田守男氏の作品は都庁にも収蔵されているとのことなので一度見てみたいです。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.lisola-di-m.com/trackback/56
TRACKBACK