<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
京都にふらり

京都に3歳の娘と二人でふらりと行ってきました。京都国立近代博物館で開催されていた

『技を極める』ヴァンクリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸

の最終日に滑り込みです。

初めて乗るかのようなワクワクの3歳児。あっという間に京都。

京都はこの夏一番の猛暑で、なんの準備も対策もしてこなかったのでタクシーで移動をすることにしました。

まずは子供のお腹を膨らませないと、ご機嫌を損ねられてもたまらないので蕎麦の名店『権太呂』で腹ごしらえです。

お腹さえ膨らませれば、もうご機嫌。あとトイレの心配だけ。ということで早速博物館に直行。

もしたくさん並んでいたらどうしようか、などと心配したけれど思いのほかすんなりと入場できました。

まず迎えてくれたのがヴァンクリーフ&アーペルの20世紀前半の作品。

まさに芸術です。アンティークならではの美しさ。ミステリーセッティングと呼ばれる技法を編み出したメゾンならではのこだわりが隅々まで感じられる作品です。

ヴァンクリーフ ET アーペル ってヴァンクリーフさんとアーペルさんご夫婦なんです。お互いにダイヤモンド商と宝石商という凄いカップル。でも彼らの宝石にかける想いが何よりもすごいからこそ、メゾンとして1世紀も超えていられるのだと思います。その想いを感じに行ってきました。

1940年代に発表された作品バレリーナクリップシリーズ。とってもかわいらしくて今にも動き出しそうなジュエリー。見ているだけで幸せでした。ただのジュエリーで終わらないのがメゾンの想いの大きさを表しています。このブログを書くために検索したら、思いもかけぬお話に出会いました。1960年後半に20世紀を代表するアメリカの振付家ジョージ・バラシンがヴァンクリの御曹司とジュエリーに対する思いで意気投合。その末に生まれたのがバレエ『ジュエルズ』。これこそ僕が東京で生まれて初めて見て、忘れもしない衝撃を受けたパリオペラ座バレエ団によるバレエです。まさかこんなところに繋がるなんて。柳宗悦の一説に『知って見るより、見て知れ』ってこういう事なんですね。

アールデコの作品もたくさん出ていて、リゾラで何度も展示会をさせて頂いた菊池宏子さんのコレクションのおかげでとっても親しみのある作品がたくさん出展されていました。バニティーケースだったりラペルウォッチ、ロッククリスタルにエナメル細工などまさに20世紀初頭の技術と豊かさがともにそろった時代です。今のようにマーケティングだのビジネスモデルなど時間やコストのようなものに振り回されない豊かさです。人間らしさ、手作りの良さ、まさに想いですね。それが生活に溶け込んでいるからすごい。

ジュエリーを堪能した後は、娘のご機嫌取りのために鍵善に行ってくずきり!!

3歳にしてグルメなお嬢様。京都がいっぺんに好きになったようです。

もう少し娘に付き合ってもらって何必館という個人美術館に魯山人の作品を見に行ってきました。

魯山人とはまさに美の頑固者。書家であり篆刻家であり、料理人に陶芸家。正に美へのこだわりが何ともすごい。こんな頑固な爺さんにあって見たかったとしみじみと感じさせてくれる美術館でした。

娘と一緒にとっても充実した一日を楽しめました。

 

 

 

リゾラ旅倶楽部2017 北海道

リゾラ旅俱楽部2017も最終日。相変わらず朝早くに目が覚め、朝風呂に。牧場の先から昇る朝日に照らされ、白樺の木々の影がぐっと伸びくる姿は見とれながらのお風呂。自然って本当にいいですね。

朝風呂を楽しんだ後は坐忘林の周りをお散歩。15部屋しかないこの宿。他のお客様とはほとんど出会うこともなくとっても静かな朝を満喫できました。

朝からとっても豪勢な朝食。ご馳走続きのお腹でも、なぜか食べれてしまうヘルシーなお料理です。とっても楽しく優雅な時間を過ごさせてもらいました。

今年もこうしてお客様と一緒に遊びに来ることができて、お洋服屋さんという職業を改めて楽しい職業だと感謝しております。服を売るだけの仕事と思ってしまったら、とってももったいない。お客様とこんな風に一緒に楽しめる関係になれる職業って意外とないのではないでしょうか。まして、お客様同士までお友達になれるっていいですね。それも皆様にお洋服を買って頂けるから続けられることですので何卒、そのあたりは忖度して下さいますようお願い申し上げます。

素晴らしい坐忘林を出発しまずは余市のニッカウィスキー工場を見学しに行ってきました。竹鶴とリタの努力と夢の結晶が今なお受け継がれている場所です。

この広大な敷地の中はまるでヨーロッパのような雰囲気です。あまりお酒のことはわからない人でも、色々な所を楽しめます。歴史、文化、芸術、お酒とたくさん刺激をもらえます。

その中でも、ウィスキー博物館の中の有料試飲のできるウィスキー倶楽部。ここに来たら余市シングルカスクを必ず楽しんでほしいです。15佞1000円ととってもお得。何よりほとんど手に入らないです。ウィスキーがこんなに美味しいのかと、感激した瞬間です。一人の人の信念が後世まで受け継がれこんなに素晴らしい宝物を生み出せる時代の素晴らしさ。すべて、短時間と低価格を求めて作る今の物づくりとは全く異なりますね。アンティークに囲まれた空間で時間も気にせずこのウィスキーを頂けるバーがあったらいいですね。竹鶴さんに会ってみたかった。

タイムスリップを楽しんだ後はラストのお食事。小樽でお寿司!!北海道に来てお寿司を食べないわけにはいきませんね。

今回は15名という事もあり、回転ずしというのも嫌だし、ダメもとで聞いてみたら、条件付きで受けてくれたのがこの『宝すし』さん。しかも行ってびっくり。本格的な握りで出してくださいました。

一切の妥協なしで、握って下さったお寿司は最高で、お客様たちも旅行の最後のお食事として十分満足頂けました。家族でされている宝寿司さんならではの温かいおもてなし。そして何より美味しいお寿司。なかでも穴子は絶品で、みんなおかわりをするくらいでした。

これにてリゾラ旅倶楽部2017 北海道は無事帰路につくことができました。帰りの途中に『次はどこに行く?』とうれしいお言葉!!リゾラはお洋服屋さんなのでそこのところは何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

リゾラ旅倶楽部2017 北海道

リゾラ旅俱楽部2日目は洞爺湖を経由してニセコの方にむかいます。

今日も天気予報では曇りのち雨だったのですが、晴れ。さすが遊び人が集まるとすごいと実感しました。

早起きの僕は朝の4時半ころから旅館の下駄をかりてカランコロン、カランコロンと音を立てながら地獄沼を抜け大湯沼までお散歩してきました。熊笹ののなかを一人で歩くのはヒグマでも出てこないかとびくびくでした。

旅館に戻りみんなと一緒に。昨日もご馳走だったけど今日も朝からご馳走。それでも皆さん食べちゃってます。

もっとゆっくりしたいけど北海道は広いので早めに出発。女将さんもご丁寧にお見送りに来てくださいました。

登別温泉の滝乃家でしっかり癒してもらったので今日はしっかり遊びます。

まずは洞爺湖に向かいます。その途中にある昭和新山と有珠山は車中からパチリ。

洞爺湖の湖畔を通り抜けたところにあるLAKE HILL FARMで北海道ならではのアイスクリーム。

ここのソフトクリームとアイスクリームを食べたらみんなこの笑顔!!

今日はいっぱい遊ぶのでアイスクリームを食べたら次は洞爺湖を見る絶景ポイントのサイロ展望台。

お天気で湖もすごくきれいです。天気予報は雨だったのでダメかと思ったのに幸運です。

素晴らしい景色を見た後は洞爺湖サミットの際にファーストレディーたちが会食をした真狩のレストランマッカリーナに。

道中のジャガイモ畑はちょうどお花が咲いていてとってもきれいでした。1時間ほどのドライブもあっという間です。

朝からご馳走を食べて、またお昼もご馳走です。

まわりはじゃごいも畑に囲まれた真狩という田舎にこんなおしゃれなお店があるのが不思議ですが、ここだからこそ、このお料理が出せるのだとも思います。みんな北海道のこんな田舎でこんなにお洒落で美味しいお店があるなんてとビックリ!!

楽しくおいしいお食事の後はニセコで有島武郎記念館に行きました。

白樺派の作家の一人だそうです。昔の人の文章はどことなく品があるように感じます。文学もなかなか触れる機会がないのですが、時々はいいものですね。

高橋牧場でこれぞ北海道という景色を見てきたあとは今日のお宿坐忘林。

ここもまた素晴らしいお宿です。15室しかないお宿ですが、とてもスタイリッシュで自然の中の基地のようです。お部屋のテラスからは牧場が見えて牛が遠くに見えていました。お風呂は花園温泉。

夕食もとっても美味しく、自然食で体が癒されました。

 

 

 

リゾラ旅倶楽部2017 北海道

リゾラ旅倶楽部2017は北海道の道南を遊んできました。

 今回は20代、80代まで各世代がいるというとっても賑やかなメンバー。 中部セントレアから朝一の便で千歳に。そこからバスでまずは支笏湖に行きました。お天気予報では雨模様だったのですが、さすが遊び人が集まるとお天道様も微笑んでくれました。

木漏れ日の中を歩いて湖畔にあるレストランAZZURROに行ってランチです。

湖畔からの景色はとっても美しく樽前山も綺麗に見えていました。道南も結構見るところがいっぱいです。

北海道ではちょっぴり名の知られたイタリアン。ガスッパッチョからスタートしてカニのパスタにクリームパスタ、バジルのアイスクリームというコース。あまりの美味しさに皆様大喜び。

楽しい食事の後は1日目の宿泊地である登別に向かいました。

北海道はとにかく広いので移動時間が長時間にならないようにコースを組むのがとっても難しい。支笏湖から登別でも1時間半弱。

バスに揺られながら気持ちくお昼寝タイム。目が覚めると地獄谷です(笑)

余りのお天気でみんな『上からも下からも暑い〜』と地獄を堪能していました。自然の力ってすごいですね。

硫黄のにおいだけでも温泉気分。

地獄を見た後は本日のお宿、登別温泉郷『滝乃家』に。

今年は100周年のこの老舗旅館。高級列車『四季島』ツアーにも採用されているお宿です。そこのいいお部屋をご用意させて頂きました。お部屋の露天風呂ももちろん源泉かけ流し。とっても居心地がいい。

温泉につかり一休みしたところでお食事です。7月と言えば毛ガニの季節。カニは冬と思っていたみんなもびっくり。

お食事の後は女将がご挨拶に来て下さり、とっても楽しいお食事になりました。

それでもまだ遊び足りないメンバーはバーを占領していました。

初日からいっぱい遊ぶリゾラ旅倶楽部。

 

 

東京 お花お稽古 タイフーンナイト

台風3号の九州上陸の為、大分チームは上京できない中、僕は新幹線で一人東京のお稽古に行ってきました。一人になっても皆の分も楽しんできました。

東京はとってもジメジメしていたけれど、傘も持たずに教室に到着。早速ウェルカムフラワーのお出迎え。ユーカリの葉とテッセンにスプレー菊が梅雨の湿気を吹き飛ばしてくれそうな清涼感。

顔の形の陶器は栗崎先生のユーモアがいっぱい。

今日の花材はグリーン各種に 馬酔木、ソケイ、木苺、ユーカリ。グリーンでも微妙に違う色と形が花器に入るととっても自然。まさに、『野にあるように』という感じです。姫水木も入っていました。

花と向き合うというのは非日常であり、とっても楽しい時間です。最近は先生の言われる『お花と会話しながら』といのが感じられるようになってきました。早速グリーンでオアシスの足元を隠していきます。野にあるようにを意識して。

今日の作品はこんな感じです。下の方に下がっていた葉っぱを先生に取り除かれると、とってもすっきりでさわやかさが出てきました。

お花のお稽古を終え、次は只今開催中のイタリア展に行ってきました。サンオティの伊藤さんと合流して展示会場に到着。最近は規模が小さくなってしまっているのですが、それでも日本に来るブランドというのは体力のあるブランドです。

一応仕事をしてきました。(笑)

今日は急遽、伊藤さんとジョイとジョイのお友達夫婦のお宅でタイフーンパーティーに飛び入り参加。

初対面にもかかわらずとっても楽しいひととき。

ワインと美味しいお食事と楽しい会話。本当に初対面なのになんて楽しい方々なんだろう。お家もとってもかっこいいし何よりお話が刺激的。『大切なのはファッションじゃないスタイルだ』KENさんのこの言葉が僕のもやもやをさーっと光を与えてくれました。というのも、次のお店のコンセプトはファーストファッションの逆を意味するスローファッションではなく、ショーとファッションに対するロングファッションを提案していこうと考えていました。でもファッションという言葉には流行というニュアンスが色濃く、ファッション=3〜4カ月で30%offになるもの という考えを表現している。僕がやりたいのはそれじゃないお洋服。何かいい言葉はないかと悩んでいた矢先だったのです。まさに僕がこれから提案していくのは『ロングスタイル』!!ここに行きつきました。

ご縁って本当にありがたく素晴らしい。そんなことを改めて感じさせて頂けたタイフーンパーティーでした。