<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
リゾラ旅倶楽部よ科・上高地
朝食の時間までに上高地帝国ホテルへ無事帰ってくることができました。朝から3時間歩いて、美しい景色を見て、上高地の天然水のシャワーでさっぱりして、美味しい朝食!!

これ以上に気持ちのいい朝は想像がつきません。体中からリラックスしていくのがよくわかります。このシンプルなアメリカンブレックファーストがおなかにちょうどいいです!!最高のおもてなしを堪能させてもらいお客様たちにも感激して頂けました。

上高地帝国ホテルまでバスに迎えに来てもらい、河童橋の手前のバスターミナルから梓川沿いを10分ほど歩いて河童橋に到着。そこから見える穂高連峰とエメラルドグリーンの梓川もうみんな感激で、天に上るような気持ちになったのかみんなで「遺影用の写真撮って!!」と。まだまだ長生きされそうですがと思いながらもカメラをパシャ(笑)

ここまで来たらやっぱり上高地ソフトクリーム!!とっても美味しくてもう幸せ〜!!短い時間でしたが上高地を満喫できてとってもいい思い出ができました。
これから山を下って安曇野にある茶懐石のお店『昇月』に。おなかいっぱいでもう食べれない〜と思って茶懐石にしたのですが、ちょっと量が多くてしかも時間がやはり長くて、と言いながら食べてしまう皆様・・・


上高地の感激もありここからのんびり岐阜までバスに揺られて無事リゾラ到着。皆様の日ごろの行いの甲斐あって、とっても楽しい2泊3日のリゾラ旅倶楽部になりました。お疲れ様でした。
来年はどこに行こうかな〜!!ぜひ皆様のご参加をお待ちいたしております。

 
リゾラ旅倶楽部h科・上高地
朝4時まだ夜が明けたばかりに目が覚め、テラスから空を見るととってもきれいな満月が出ていました。上高地の朝を楽しまなくてはと、防寒をしっかりして、地図をもって出発!!誰もいないフロントを通り外に出るとキーンと冷えた空気が体中に染みわたってきました。
まずは田代橋方面に。月明かりに照らされた梓川に霞が立ち込めていてとっても幻想的な景色。


クマが出てこないか心配はありましたが、なんだか素晴らしい光景に出合えるのではないかと地図を片手に上流に向かって歩き出しました。この時間はまだ上高地に入る道は通行止めなので、上高地に宿泊している人しか入ることはできません。こんな早い時間に歩く人なんていなく上高地には僕しかいない気分。少し歩くとウォルターウェストン碑が見えてきました。上高地の魅力を発見した第一人者です。

一人で歩いているとウェストンもこの景色を見ながら感動したんだろうな、でもこんな道はあったのかな。夜が少しづつ明けてきました。鳥の鳴き声と川の音に包まれながら歩いていると、紫や緑の色々な鮮やかな色をした鳩くらいの大きさの鳥がいました。ブッポウソウです。キジバトも、キツツキもいました。

倒れた木もそのままです。川の中の立枯れの木も自然のまま。本当の地球の姿はなんて美しいのでしょう。1時間ほど歩くと河童橋に到着。そこから下流を見ると焼岳が朝日を浴びてまさしく焼岳に。

次々と現れる美しい光景に導かれるように更に上流を目指しました。熊笹がしげり、山の中に一人というのは不安、うれしさ、好奇心、いろんな感情が次々と湧き出てきます。

でも何でもいいから進んでみると、色んなものが出てきてくれます。うれしくてうれしくてたまりません。僕は根っからの旅人ですね(笑)昨日まで降り続いた雨のせいでぬかるみはあったけど、その雨のおかげで味わったことのないほどのおいしい空気。腕時計の針だけが唯一僕を現実とつないでくれている不思議な感覚を感じながら歩いていきました。すると道が開けて、鳥居や小屋が見えてやっと人の気配がするところに出てきました。穂高神社です。

穂高神社の奥が明神池。ちょうど5時50分でした。神主さんに「池には6時から入れますからその前にお参りしてください」と脇にある本殿を指さされました。お参りしてまた入口に行くと6時にはなっていなかったけど入れてもらえました。もちろん1番乗りです。20メートルほど歩くとなんと言葉にはできないほどの美しい景色です。



まさしく神降池です。神に導かれたかのように歩いてきた感じがしました。
明神池を後にして、帰りは明神橋を渡り、朝食に間に合うようにここからホテルまでまた1時間歩き続けました。
実はこの2日程後に田代橋付近でクマが出たとのこと。
無事帰ってこれてよかった・・・

 
リゾラ旅倶楽部∵科・上高地
リゾラ旅倶楽部2日目は蓼科から八ヶ岳方面で遊んで上高地に向かいます。朝はのんびり起きて小淵沢にあるキースへリング美術館に向かいました。アメリカのストリートアートの先駆者で、31歳という若さで亡くなったですがとってもシンプルな線と色使いで知られるアーティストです。お天気も回復して蓼科から八ヶ岳に抜ける道は緑の回廊です。バスの中でも森林浴をしている心地よさでした。
美術館の駐車場から森の中を歩いて美術館に。アメリカンストリートアートらしく何とも軽快な感じで、遊び心いっぱいです。


美術館の中はさらに面白い建物と展示方法でこんな美術館初めてです。真っ暗な道を通りぬけたり、坂になった広い空間での展示はストリートアートをとっても面白く展示してありました。建築家北川原温(きたがわらあつし)の代表作でもあるこの建物も一見の価値ありです。

お昼は信州ということでやっぱりお蕎麦。三分一の湧水の出るところにあるお蕎麦屋さんで軽く。といってもさすが本場ですね。美味しかったです。

次はまたがらっと変わって平山郁夫のシルクロード美術館に。

八ヶ岳エリアは本当に美術館のジャンルの広さに驚かされます。平山郁夫シルクロード美術館の1階はシルクロードの仏像から遺跡まで展示してあります。シルクロードという名からは想像できない乾いた砂漠のような道を昔の人たちは歩いてきたのです。見ているだけで水がほしくなります(笑)二階に上がるとこれぞ平山郁夫作品という展示です。深みのある青色が、日本画ならではの美しさですね。

八ヶ岳エリアから一路、上高地に向かいます。梅雨まっただ中の上高地は、ほとんど山も見れないと聞いていたのですが、一度行ってみたかった上高地帝国ホテルに!!
松本で高速を降りてどんどん山道に入っていきます。お天気も曇っているし、川は昨晩降った雨のせいか茶色く濁った濁流・・・さらに上るともう本当に山の中の山道。誰がどうやってこんな山奥にリゾートを見つけたのか、不思議になるくらいです。


無事、上高地帝国ホテルに到着。貸し切りバスなので乗り換えなしで来られるのでとっても楽ちんでした。
昭和8年に作られたこの山岳リゾートホテルには現代のホテルにはない独特の趣があります。鍵もカードキーではないし、ボタン一つでお風呂が入ることもないし、床暖房もないし、ただ壁は壁紙ではない左官仕上げで、暖房もエアコンではなくヒーター。水は上高地の天然水。これが、想像以上に居心地がいいんです。お風呂に入った瞬間違いが分かります。温泉とは違う気持ちよさがあります。さあ夕食!!
上高地帝国ホテルと言ったらダイニングルームのフレンチ!!みんなオシャレして楽しいディナータイム。


さすが上高地帝国ホテル。こんな山奥でこんなに美味しいフレンチが食べられるなんて思ってもいませんでした。かぼちゃのスープ絶品です。シナモンとバルサミコとクリームをあしらってあるだけなのですが、このスープだけでももう一度来たくなります。お肉料理もみんなしっかり召し上がって見えました!!もう一皿一皿に感動でした。
お食事の後はラウンジに移動してまったり。上高地帝国ホテルの限定20個というカスタードプリンも予約しておいたので、別腹に!!本当に心地のいいホテルライフ。お天気だったら星を見に行こうかと思ったのですが残念ながら曇りでした。次回のお楽しみができました!!



 
リゾラ旅倶楽部 ∴科・上高地!!
リゾラ旅倶楽部、今回は蓼科と上高地に行ってきました。
平均年齢62歳で上は80歳後半、下は20歳前半という世代を超えたツアーです。岐阜から蓼科にまずは向かいます。途中、伊那にある『かんてんパパガーデン』にてお昼を頂きました。御蕎麦チームとかんてんチームに分かれてのお昼。


僕はもちろん御蕎麦!!さすが信州。どこで食べても御蕎麦が美味しいです。食事の後はちょっとだけショッピングのつもりが、みんな「ちょっとで終わるわけないでしょ」といった感じでした(笑)横に洋服を置いておいたら売れそうな気がします。

続いて新しくなった北沢美術館に行ってきました。ここはガレ、ドーム、ラリックのコレクションを多数揃えていて、今回は中でもドーム兄弟の展覧会が開催中でした。いつ見ても素晴らしいガレの『ひと夜茸』が入口で出迎えてくれました。ドーム兄弟のパートドベール技法、エッチング技法など様々な技法を使った作品が数多く展示されていて、みんな『へ〜』とか『ふ〜』とか言いながら最後は『これほしい〜』と思い思いの感想を述べていました。
続いては蓼科高原にあるソーセージなどで有名なババリアン・ペーターにお邪魔しました。ちょうど雨がひどくなってきました。


お店の御主人はドイツのコンテストで金賞を受賞した経験のある方で、地元でも有名なソーセージ屋さんです。外のお庭にはなんともかわいい豚の置物が2匹。雨のおかげもあり涼しくとっても新鮮な空気でした。
ここからスケジュールを変更して蓼科のエクシブに直行することにしました。予定よりだいぶ早い到着でしたが、ホテルでのんびり。夜のお食事の時間までホテルライフをそれぞれホテルライフを楽しんでみえました。


夕食はみんなオシャレしてのお食事会。あまりに豪勢なお料理で、最後はもう見るだけで満足。

この前菜だけで十分なくらいです。あまりにおなかがいっぱいになったので、じゃんけんゲームをして腹ごなしの運動です。それでもおなかいっぱいの一日目でした。

 
リゾラクリスマスパーティ2013
 今年も残すところあとわずか。毎年恒例になりましたリゾラクリスマスパーティーを日曜に都ホテルのスカイバンケットで開催することができました!!
今回は最近岐阜でも活躍しているオペラ歌手の岡部啓太郎さんの歌と劇団リゾラによる白鳥の湖第二幕より『4羽の白鳥たちの踊り』をお楽しみ頂きました。

岐阜都ホテルのお料理も3度の試食をさせてもらいお客様に喜んで頂けるよう、噛みやすく、消化しやすく、もたれないお料理に仕上げることができました!!(笑)
テーブルのお花も今回はしっかり作らせてもらいました。葉っぱは先日郡上の山奥でとってきました!!お直し部のスタッフたちはクリスマスツリーをリースで作ったり楽しんで頑張ってくれました。


岡部啓太郎さんに出演頂くのは4回目で毎回リゾラの無茶な要望に応えてもらっています!!今回も急きょお芝居付きにアレンジしてもらいました!!

今回お客様に爆笑頂いたのがパリリゾラ座バレエ団!!『4羽の白鳥達の踊り』

バレエを普段見ることはあってもいざやろうと思うとなんて大変なんでしょう。白鳥がアヒルになっていました。でもなんでもやってみると色々と勉強になります。今度白鳥の湖を見たら足が動きだすかも!!多分違った感覚で見ることができると思います。

今年もメーカーの方々からたくさん豪華景品の御協力を頂いてお客様も大喜びされていました!!
パーティーで普段は会えない人同士が出会えたり、新しくお友達になって頂けたり、思わぬお知り合いがいたり、とっても楽しい時間を共有して頂けたことに感謝の限りです。
こうしたことも、メーカーのお力、お客様のお力、ホテルのお力、スタッフのお力、人の御縁のおかげです。また来年も皆様に楽しんで頂けるひと時を作れることよう頑張ります!!

リゾラクリスマスパーティー 準備

 今年も残すところあと一カ月。クリスマスディスプレーがウィンドーに目立つようになってきました。今年もリゾラのクリスマスパーティーが
12月8日17:30 岐阜都ホテル 11F スカイバンケットにて開催致します!!お店で顔なじみのお客様、そのご友人、お買い物を支えて頂くご主人さま、お洋服を作ってくれるメーカー様、そしてリゾラスタッフ。リゾラを支えてくださる皆様と一緒に今年1年の締めくくりを楽しみたいと思っております!!
先日パーティーのテーブルに置くお花を探しに郡上の和良まで行って探してきました。ついでに子供2人を連れて、もうすぐ臨月の奥さまはお留守番です。岐阜は車で2時間ほど走るともう山。今年は暑かった夏から急に寒くなったので紅葉がとっても素晴らしいです。

子供たちは和良の道の駅に併設された公園で大はしゃぎ!!ここの名物『長寿団子』お豆腐でできたみたらし団子。お麩のような食感で、とっても美味しくお団子ほど弾力もなく子供にも安心して食べされられます。お年寄りの方にもおすすめ(笑)!!

ここまで山に来ると見渡す限り檜、杉、ヒバ、がいっぱい。今回は檜の葉っぱを使ってテーブルフラワーを作ろうと思っています。葉っぱを見ると意外と似ているようで異なるいろいろな種類があるので車を走らせながら葉っぱをじろじろ見て、車を止めては切り出してきました。ここからもう少し東に行くと木曽檜のエリアになるのでいわば伊勢神宮に使われるありがたい木の親戚です!!
テーブルに使うには十分な葉っぱを頂いてきましたので、当日はテーブルのお花もお楽しみください!!

リゾラ旅倶楽部 箱根ツアー 
 2日目もお天気に恵まれました。朝日がとっても気持ちの良い朝です。テラスで新鮮な空気を吸いながら新聞を読む。あこがれのひと時を過ごせました。箱根と言ったらやはり芦ノ湖の海賊船。皆で朝から芦ノ湖クルーズ。乗り場を間違えるハプニングが起きたもののなんとか乗船できました。

山道をバスが大急ぎで走ったため気分が悪くなってしまった方も。それでも船に乗って風を浴びたらもうあまりの気持ちよさに気分爽快。自然っていいですね〜。

30分のクルーズはあっという間に目的地の箱根町に到着。思いのほか時間が早く着いたのでお約束の箱根の関所の前まで寄り道をしてきました。定番のスポットなので修学旅行生がいっぱい!!僕たちもなんだか修学旅行気分でした(笑)

今日のお昼はかの藤田観光の創始者藤田伯爵の別邸『箱根茶寮 椿山荘』でお食事。お蕎麦の名店。周りは遊園地のようでちょっと雰囲気のギャップにびっくり。ガラスは手すきのガラスで時代を感じる素晴らしい日本家屋と庭園。お蔵ギャラリーになっており東郷青児に三岸節子などなどが飾ってありました。そんな中で美味しいお蕎麦を頂けて感激!!贅の極み!!

お腹がいっぱいになったところで、彫刻の森美術館でウォーキング。普段の運動不足を補うくらい歩きました。彫刻ときれいな緑に囲まれた中をお散歩。次から次へと目に飛び込んでくる大作。あまりのお天気で暑かったですが、日陰に入ると涼しく、心地よい運動でした。1時間しっかり歩きました。

こうして見て、食べて、オシャレして、温泉につかって、良く歩いたリゾラ旅倶楽部は無事岐阜に帰って行きました!!
リゾラ旅倶楽部 箱根ツアー 
 今年のリゾラ旅倶楽部は箱根ツアー。一泊二日の豪華旅行に行ってきました!!暑い岐阜から3時間ほどでそこはもう23℃の快適空間。まずは強羅花壇が誇る、旧閑院宮別邸にてお食事。宮家の気分を味わいながら優雅なランチです。お客様と一緒に楽しいひと時。いつかは泊まってみたい強羅花壇のお食事はとっても品の良い味で、すっかり秋の香りがしていました。


お腹がいっぱいになったので、ポーラ美術館で優雅にウォーキングに!!
ちょうどモネの展覧会が開催中でした。川辺でボートを漕ぐ絵は見ているだけで涼しくなりました。みんな普段の生活から解放されてとっても清々しい気分。美味しいものを食べてのんびり芸術鑑賞。

続いて向かったのは箱根ラリック美術館。銀座の不動産会社の社長のコレクションと聞いてびっくり。個人でこんなに集めているとは、なんてすごい方なのでしょう。おかげでかつてのオリエンタル急行にも乗ることができました。車内のテーブルや椅子は窓よりも大きく、職人が車内に乗って作ったというから、昔の人たちの豊かさを感じます。その車内で優雅にお茶を楽しんできました。


今回のお宿は箱根離宮。部屋には温泉かけ流しのお風呂と渓谷を見下ろすテラス。お天気にも恵まれとっても素晴らしい景色を独り占めです。


のんびり旅の疲れを癒してから、夜はみんなでオシャレをして楽しいパーティーです。ドレスで着飾って皆様大変身。女性はやっぱりすごいですね。お洋服が変わると別人のようにエレガントになってしまうのですから。

エクシブがいいのはお部屋もさることながらお料理が美味しいので、幹事としては安心できます。今回は中華のコースをお願い致しました。『量は少なく美味しいものを』というオーダー!!

目と鼻と舌と全て大満足!!お月見をステーキで表現してあるのにはみんな驚きでした!!食事の後は皆でじゃんけん大会。意外とこれが盛り上がるんです。なんとあろうことか、僕が勝ってしまってびっくり。リゾラスタッフからも『ダメでしょ〜!!』と勝ったことに素直に喜べない結末に・・・(笑)勝負ですから!!楽しい一日目はこれにて!!





リゾラクリスマスパーティー
 もう2012リゾラクリスマスパーティー。今年も会場はクオーリクオーリで、ジャズナイト&劇団リゾラ。今年の劇団リゾラの出し物は『不思議の国の還暦アリス』


クリスマスパーティーをやり始めてまだ7年ですが、毎回ドタバタです。とにかく劇のセットを作るのが大変。でも今年からお直し部隊で活躍してくれている熊崎さんのおかげで衣装が素晴らしいのができました。ミュージカル級の衣装で劇団リゾラもかなりグレードアップしました。毎回パーティーをする度にリゾラは何屋さん?と思ってしまいます。
ジャズも、アコーディオンとヴィブラホンとベースでパリ空気を感じさせてくれるジャズでした。

僕のジャクソンサンタも好評をいただき(自画自賛)盛り上げられたかと・・・
こんな楽しい会ができるのもメーカーさん、スタッフ、お客様皆様のおかげです。ありがとうございました。
それにしてもリゾラファミリーが下は19歳から上は60歳までいるのですが、ファミリーらしくなってきました。これからまたいろいろ楽しいことを企画していこうと思っております!!乞うご期待!!
リゾラ旅倶楽部
 2日目はあいにくの雨。それでも緑がとてもきれいに見えて、なかなか気持ちのよい朝でした。
まずは御影にある香雪美術館で截金(きりかね)という技法の作家『江里佐代子』展を見に行きました。この香雪美術館は朝日新聞の創業者 村山龍平氏の自邸で一般公開はされていなかったのですが、洋館と和風建築とがあり木の隙間から見えていたのですが、昭和初期の豪邸です。美術館に着くと雨も上がりなんて運のいいこと。

江里佐代子さんの作品はとっても繊細でかわいらしさのある香合や風炉先から、気品高い仏像に截金を施したものまで様々なジャンルの作品が展示されていました。美術館の展示スペースはそれほど広くもなくちょうど見やすい広さで、皆様にお楽しみ頂けたことと思います。
お昼は美術館の近くにある蘇州園というイタリアンレストラン。中華かと思うような名前は、ここのオーナーが華僑だからとのこと。行ってみるとここもまたすごい御屋敷。日本生命の五代会長 弘世現(ヒロセゲン) の別荘。いや〜すごい時代ですね。ほかにもチャペルなどもあり文化の質の高さがいたるところに感じられるレストランです。


そんなレストランで記念撮影。
五感すべてがお腹いっぱいといった感じです。
食事を終えて一路、岐阜へ。すると関ヶ原から高速道路は大雨で通行止め。下道へ行くものの川という川は濁流で、大変なことになっていました。それを見て本当にみなさん晴れ女の集まりだと改めて感じていました。