<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ミラノレポート2

時差ぼけの為、朝はどうしても早く起きてしまいます。

まずは郵便局で切手を入手。日本では考えられないほど遅い。でもこの遅さがある意味豊かなのではないかと最近思ってしまう。

2.2€切手を100枚買うのに30分は要するからおもしろい。まず窓口で枚数と金額を注文、切手を探すところから始まり、値段の確認、電卓で計算した後にパソコンに入力。この一連の作業をするのに3回は席を外す。そして代金を払っておつりをもらうのがまた計算に時間がかかる。昨年からクレジットが使えるようになったので少しは改善したけれど本当に笑えるくらい時間がかかる。それでも決して急ごうとはしないイタリア人。当然列はできるのだけれど、おかないなくおしゃべりする。この感覚になれるのには、日本人が一番難しいでしょう。時間の正確さ、迅速さ、周りへの気遣い、を重んじる日本。でも案外イタリア的なのんびりさは豊かさを生むのかとふと思わされます。

切手を買って張るのに1時間もあるといろいろと考えさせてくれます(笑)

 

今回はメンズを中心に開拓をしようと思って来ています。イタリアでは最近『MADE IN ITALY』を売りにするブランドが増えてきているように思います。まずはメンズのDALMINEのショールームに行ってきました。ここも『ロロピアーナのカシミアを使っている』を売りにするブランド。60年くらい続くブランドで僕もお気に入り。ここの梳毛シルクカシミアセーターは最高に気持ちがいいのです。糸を作る段階で短い毛を梳いて、長い毛だけで糸を撚るのでしっかりとした撚りをかけれることにより、糸に艶と滑らかさが出ます。最近は梳毛のカシミアセーターは激減し紡毛ばかり。紡毛のふわっとした感じは温かくていいのですが、僕は梳毛が好き。ショールームで次の秋冬コレクションをチェックしたのですが、ほとんど全てのセーターがウールかウールカシミア。シルクカシミアやカシミア100%はほぼ紡毛でしかもセーターのほとんどに着やすいようにか首にファスナーつき。

『シルクカシミアのworsted(梳毛)のクルーネックのセーターはないの』と聞くと

『すべてファスナーが付いてるよ。実はロシア人はファスナー付きが大好きなの』今はロシアが景気がいいようです。でもカシミアがほとんど無くなっているのと値上がりしている背景には中国の成長があるようです。カシミアの原毛は中国が握っていて今までは輸出していたけれど、自国で使うようになったのです。こうなるといいものを作るより量を作るようになりますから、上質なカシミア100%よりウール混になり、梳毛より紡毛になるわけです。

将来カシミアがビキューナやシャトゥーシュのようなものになる日が来るかもしれません。だからカシミアをお勧めします。

 

結局ロシアと中国に負けて僕は退散。あ〜いいお洋服がどんどんなくなっていくのを肌で感じます。だからこそ僕のようなちょろちょろと動き回る洋服屋に活路があるのかもしれませんね。リゾラに行けばいいカシミアがあるよってね。お洋服探しはまさに連戦連敗です。

気を取り直してモンテナポリオーネにウィンドー&ファッションチェック!!

今にも動き出しそうなウィンドーです。これだけのウィンドーを作ってもお客さんはほとんどいません。多分ウィンドーを見てネットで買うのかな。ブランドの店舗はショールーム化してきています。リゾラはこの大きな流れには乗らずに大きな流れの横にある小さな逆流を目指します。改めて皆様よろしくお願いいたします!!

街を歩くミラネーゼたちはどんな時代になろうともおしゃれ大好き。

街を歩くだけでもたくさん刺激をもらえるミラノです。

明日は車でミラノ郊外にお洋服探しをしてきます。

 

 

 

ミラノレポート 1

今年はいつもより早い時期にヨーロッパ出張。パリは連日の雨でセーヌ川は氾濫しそうとのことですが

とりあえずパリ経由でミラノに無事到着。パリからの便が少し遅れてホテルに20:40に着いて荷物を預けて

すぐにYOSHI FUNABASHI夫妻とお食事に行ってきました。

到着してすぐ予定を入れるなんて、僕も慣れたものだな〜と自分でも感心してます。

オープンして1年足らずのシケライア。ギリシャ語でイチジクとオリーブオイルという意味のお店です。

とってもおしゃれでお料理も繊細な味でとっても美味しいイタリアン。

パスタも松の実にレーズンに絶妙なハーモニー。ちょっとおしゃれをしたくなる感じです。

芳さんとは毎回お洋服や茶道、禅、芸術の話と話が尽きない楽しい時間です。

ミラノに来てホッとする時間を楽しませていただきました。

明日からミラノレポートこうご期待!!

北米クルーズ2

シルバーウィスパーで行く11日間の船旅。最初の寄港地はニューポートという、かのケネディ大統領が結婚式をした街です。アメリカでも有数の富裕層の邸宅がいくつもあり静かで優雅さの漂う街です。

港が小さく大型客船は入港できないので沖からタグボートで寄港しました。

船旅は毎日新しい街に行くので下調べが必要です。朝着いて夕方には出航なので結構忙しいです。

地図をトラベラーズインフォメーションで入手。学生時代のバックパッカーの経験が役立ちます(笑)

ニューポートは降りてもタクシーもいないので浩二さんとともに歩いて海岸線に並ぶ豪邸を見学に行きました。

家のサイズが大きすぎて数軒も見て歩けない距離です。

境界も全く分かりません。富裕層のレベルが違いますね。

豪邸がたくさんありすぎていつの間にか港からとんでもなく離れたところまで歩いてきてしまいました。行きはよいよい帰りは怖い。体力かなり消耗しさすがに70歳の父親を連れて船まで歩かせるのは無理かも。船の出航の時間まではまだ少しあるけど、と思いながら港に向かって歩くいていると、後ろから路線バスが来ました。走ってバス停まで行き無事バスに乗車。初日からひやひやしちゃいました。船に戻って一休み。船旅はまさに動くホテルですね。

のんびり休んだ後は男性組はプールサイドグリルでお肉の塊を堪能しました。

さすがに10月の海は寒かったけど石焼のプレートとお肉が来たら温かくなりました。

一日目からしっかり遊んでます。

クルーズデビュー 1

ついに念願かなってクルーズ旅行にデビューです。今回は15日間という長期休暇で、しかも急遽浩二さんも一緒に行くことになりました。大分のブティックなかしまの真実さん興三さんが『クルーズいいよ〜』と誘って下さったおかげでついにご一緒できることに。

羽田からNYに飛びニューヨークからモントリオールまで11泊の船旅です。いつかお客様たちとご一緒できるようしっかり勉強してきます。

羽田空港で大分チーム18名と合流して総勢20名のクルーズ旅行です。遊び上手な人たちばかりでとっても楽しみです。

JFK空港について入国までは想像以上に時間を要しましたが無事通過。空港からバスで乗船する港まで向かいます。

久しぶりのニューヨーク。活気があり世界の中心という感じでやはり時々は期待街ですね。

すんなりマンハッタンの街もぬけてマンハッタンPIAに到着。ここから今回の船シルバーウィスパーに乗船します。すべてが初めての経験でドキドキしますがワクワクです。何といってもこちらの遊びの親と一緒ですから。

ついに乗船です。

船の中はもうホテルです。フロントからレストランに劇場とまずは探検です。今回のお部屋はベランダスウィート。シルバーシークルーズの船は全室スウィートで船の中は一切クラス分けのない船で、みんな優雅な方たちばかり。

お部屋も30屬らいで十分です。テラスからの眺めも気持ちがいいです。

出航前にみんなで自己紹介。真実さんは遊びの天才。人を喜ばせる楽しさを思いっきり楽しんでいるからみんなが集まってくるのでしょうね。遊びの女神です〜!!

船が出航しました。ハドソン川の軌跡の現場を通っていきます。マンハッタンの摩天楼を望みながらクルーズがはじまります。

急遽行くことになった父親は自由の女神を見て大喜び。父親と息子が二人で旅行なんて人から見たらかなり珍しいようです。母とはヨーロッパ出張でよく一緒しているのですが父親と二人というのは初です。遊びの父親が興三さん、生みの父親が浩二さんという変な語呂合わせにも気が付いてびっくりです。いろんなご縁でここに来れていると思うと感謝感謝です。妻、母、スタッフみんなのおかげで遊び人のドラ息子&ドラ親父が遊ばせて頂けます。

さあクルーズ始まり始まり。

 

 

栗崎昇先生 花教室 

今日は花あしらい最期のレッスン。先生の高齢の為、教室という形では今日が最後。教室に向かう道中ずっと思い出を振り返っていました。

僕が栗崎昇先生の教室に通うようになったのはかれこれ11年前。アンティークジュエリーの菊池マダムに連れていかれたのがきっかけでした。お花を習うことも初めてだし、セレブの世界に行くのもびくびく。何も分からず来た子供って感じでした。そんな僕でもマダムの紹介という事でとっても可愛がって頂いて、お稽古の後はよくご飯に連れて行って頂きました。無口な先生との食事は少しの言葉と沈黙それが僕にとってはとっても居心地のいい時間でした。先生のおしゃべりを聞けるだけでうれしくて、プランタンオーナーの話やスティービーワンダーの話、蜷川幸雄さんにスピルバーグにとすごい人たちが話に出てくるからもういつも『へ〜』しか答えていなかったような気がします。

お花のお稽古では、『花とおしゃべりをしながら活ける。』『お花同士がしゃべっているかのように活ける。』最近何となく先生の言うことがわかってきた気がします。お花と向き合うとお花と自分だけの世界になれるような感じです。

先生のお茶席の設えも大好き。どんなすごいお道具でも栗崎先生にとっては栗崎空間の一部に溶け込んでしまい、空間全部の美しさにお道具の肩書を忘れてしまいます。洋も和もなく、ルールは美しいかどうかとストーリーに合うかどうか。先生の設えにはいつもストーリーがあるように感じました。まるで作家というか演出家というか監督ですね。お道具それぞれが一つのお話の役者さんのようです。

栗崎先生については語りだしたら語り尽くせないですが、いい師匠に出会えることほど人生において素晴らしいことはないと身をもって感じております。

お道具との関係も、決して自分の物ではなく預かりものであるという事を教えて頂きました。僕もいつかそんなお道具を預かれるご縁を頂けたらと精進しております。

思い出の最後はやはり先生の言葉『とかく花のいのちは短い』まさにすべてに通じる僕にとって最高の教えです。

 

とにかく色々頭のなかを駆け巡って教室の門の前まで来ました。

 

中に入ると少しは元気そうな先生とまだまだ元気な真実さん。

面白いツーショット。

今日の花材は秋。ヒペリカム、木苺の紅葉した葉、孔雀草、女郎花、菊、鶏頭、小判草、吾亦紅、手毬草という感じ。

先生のお手本は

秋ですね。枯れ行く花の美しさもいいものですね。

僕のお花はこんな感じ。最後という事もありじっくりお花と向き合いました。本当に素晴らしい時間を頂けて心から感謝をしております。学校の卒業のような気分で門出をしてきました。

次の世代として頑張らねば!!